スマホ スマホニュース

[話題]「Asus ZenFone 7 5G」シリーズ が並行輸入で購入可能に。価格は97,200円から

どうもChromebookかつZenFone6ユーザのタケイ(@pcefancom)です。

先日発売のニュースがあった「Asus ZenFone 7 5G」シリーズ。

並行輸入で購入可能になっていました。

ショップは「ETOREN」。

「Asus ZenFone 7 5G」シリーズのページが新しくできていました。

価格は無印バージョンが97,200円、Proが108,800円。

おそらくこれからでる日本版より安価と遜色ない設定とおもわれます。

いち早く「ZenFone7 5G」をゲットしてみたい方はチェックしてみてください!

タケイ
私はPixel5の発表待ちです。そこからZenFone6との兼ね合いを見て購入を決めようと思ってます!

ZenFone7の特徴とスペック

「ZenFone7」はASUSが販売しているスマホのフラグシップモデルです。

毎年夏に新モデルが発表され、日本では秋に発売されています。

2019年にはZenFone6が発売、今年はナンバリングが1増えて「ZenFone7」となりました。

フリップカメラはセルフィー、配信、WEB会議用カメラとして最強

特徴はなんといっても「フリップカメラ」

「ZenFone6」と7にはいわゆる「インカメラ」というものがありません。あるのはアウトカメラのみ。

しかしそれが回転(=フリップ)することでインカメラになるというものです。

ZenFone6では、標準画角と超広域と2つの画角のみでしたが、更にパワーアップ。

6400万画素(広角)+1200万画素(超広角)+800万画素(光学3倍望遠)となり、デジタルズームでは最大12倍の望遠に対応しています。

※ZenFone6は4800万画素(広角)+1300万画素(超広角)のみ。

「フリップカメラ」のいいところはアウトカメラをそのままインカメラにもつかえることですね。

インカメラはスペックがアウトカメラより控えめになっていることが多いですが、ZenFone7なら6400万画素のカメラをそのまま使えてしまいます。

セルフィー、街歩きなどカメラ機能重視な人には間違いなくオススメのスマホ

といえるでしょう。

ひとえに残念なのがまだ日本での発売がアナウンスされていないこと。

コロナ禍の影響なのか、ASUS製品は「Chromebook」も含めて日本への展開が今年は遅れています。

そんな中、いち早くゲットできるのは大きな魅力。

気になる方はETORENさんをチェックしてみてください!

ETORENとは

ETORENとは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです。

個人的に気に入っている点は、日本語によるサポートをしてくれるところ。

並行輸入で怖いのが初期不良ですが、ETORENなら購入後の返品、修理も国内で対応してくれます。

関税もセットになった明朗会計なのもオススメな点です。

最新スマホをいち早く使ってみたい人は是非アクセスしてみてください!

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-スマホ, スマホニュース

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.