Apple MacBookAir

[Apple]「Chromebook」を使っているのに「M1 MacBook Air」を買ったのか?7つの理由

2020年11月22日

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

神コスパで話題沸騰中の「M1 MacBook Air」。ネットの高評価につられて?11月18日に購入しました!

購入したのは「CPU8コア、GPUコア、メモリ8GB、ストレージ256GB」のもの。

「M1 MacBook Air」のなかでも一番安いモデルです。

ソフマップで持ち帰り、本体価格は「115,280円(5764ポイント還元)」でした。

この3連休ずっとMacBook Airを使って、使い勝手を検証しています。

今回なぜ

「Chromebookを使ってるのになぜまた買ったのか?」

買いたくなった理由をメモしておきます!

理由① Appleシリコン(M1)の高評価レビューに心が躍った

発売前は「M1 MacBook Air」はガジェットブログでチェックしていたものの、そこまで買う気にはなっていませんでした。

なのにいきなり購入まで至ったのは「Appleシリコン(M1)の高評価レビュー」に心躍ったからです。

特に

  • 「ベンチマークの結果がMacBook Pro Intel版より上」
  • 「Final Cut ProでH.264動画の書きだしが16インチMacBook ProのCore i9モデルに近い」
  • 「Raw画像の書きだしもMacBook Pro(2018Late上位モデル、13インチ)より上」

という点に惹かれました。

いやーすごいですよね?1年前に20万円以上したMacBook Proよりも性能が上。なのに価格は11万円。これで俄然ほしくなってきました。

Apple Silicon搭載Mac、3モデル徹底比較 M1の性能は予想外の「ほぼ同じ」(本田雅一) - Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/apple-silicon-m1-140007279.html

理由➁ 18時間もつバッテリーに魅力を感じた

次に魅力に感じたのがバッテリー駆動時間です。

なんとIntelモデルの倍。18時間もつという「うたい文句」に惹かれました。

「Galaxy Chromebook」というバッテリー持ち4時間モデルを愛用しておいてなんですが、バッテリーは長い方がいいに決まっています。

18時間の世界がどんなモノが味わいたくなったのも大きな理由です。

M1 MacBook Airの18時間バッテリー

理由③ 起動時間の早さを実際に確かめたくなった

そして3つめに気になったのが「起動時間の早さ」です。

「M1 MacBook Air」では起動時間の早さも謳っていました。

Chromebookに慣れた身としては

「起動時間の早さ=モバイルの第一条件」

となっています。

  • 実際にどれくらいの速さなのか?
  • Chromebookと比べて早いのか、遅いのか?

実際に試したくなりました。

理由④ モバイル(iOS用)アプリをMacBook Airで試したくなった

「Appleシリコン(M1)」で大きな売りなのが「モバイル(iOS用)アプリ」が使えることです。

これも率直に試したくなりました。

ChromebookもAndroidアプリ動作を謳っていますが、実際には使えるアプリを選びます。

「M1 MacBook Air」での使い勝手を試したくなったのも買いたくなった理由です。

理由⑤ Appleシリコン(M1)での画像、映像編集の快適具合が気になった

今回CPUというかSoCがIntelからApple製に切り替わりました。

これによって、

「どれだけ使い勝手が向上したのか」

「そもそもアプリが使えるのか?」

画像、映像編集の快適具合が気になったというのもあります。

理由⑥ シザー方式「Magic Keyboard」の使い心地を試したくなった

あとはキーボードですね。前世代の「バタフライキーボード」は「ペチペチ過ぎてこれはないな」と店頭で触ってなっていましたが「Magic Keyboard」は逆。

店頭で触ってみたところ、打ち心地は「Pixelbook」「Galaxy Chromebook」とほぼ一緒。実際にじっくり使い込んでみて、本当のところの使い勝手を試したくなったのでした。

理由⑦ Chromebookとの違いをとにかく比較してみたくなった

最後はとにかく「Chromebookとの違いをとにかく比較してみたくなった」というのも大きいです。

MacBook Airはモバイルパソコンとしての位置づけが強いモデル。使う場面だったり目的がかぶることも多いはずです。

そんなときに、

  • 起動時間はChromebookとM1 MacBook Airどっちが早い?
  • ブラウザの使い勝手はChromebookと比べてどうなのか?
  • キーボードの打ち心地はChromebookとどれだけ違う?
  • モバイルアプリの実用度はどっちが上なのか?
  • どういった使い分けがいいのか?

など両者の違いや魅力を明らかにしておきたいなと思いました。

少なくとも「M1 MacBook Air」を買えばブログネタになる(笑)、Chromebook推しするなら「全てのOSは使っておいてもいいよな」となり購入に至ったのでした。

「M1 MacBook Air」の最安値モデルを選んだ理由

ちなみに今回「最安値モデル」を購入しました。

GPUが7コアでメモリが8GB、ストレージが256GBのモデルです

ショップはソフマップ。定価から5%ポイントがつきました。

M1 MacBook Airをソフマップで購入

ソフマップなら5%ポイント還元

なぜ最安値のモデルにしたのか?その理由もお知らせします。

価格がギリギリ予算内だった

世知辛いですが、予算内だったというのがあります。

Chromebookのフラグシップモデルを買うつもりのお金をつかいました。

Chromebookであれば高くても15万円程度です。

その金額を超えるのは辛い、価格的に許せる予算ギリギリでした。

MacBook Airを買うのが初めてだったから

また「MacBook Airを買うのが初めてだったから」というのもあります。

初めて買うガジェットは、合うかどうかわからないものです。

手を出すのなら入門機だなと思っていました。

「GPU7コア、ストレージプラス256GB」でプラス3万円は高すぎ

上位モデルも気になりましたが、差額がありすぎました。

GPUが7コアから8コアにアップとありますが、正直効力がわからない。

ストレージは倍になりますが「それで3も万円アップは高すぎ!」と感じましたね。

結果「最安値モデル」に至りました。

 

使い勝手は「Chromebook」と並んで上々!モバイルノートの使い勝手は大

「M1 MacBook Air」を使いはじめて一週間ほどですが、使い勝手の良さにはビックリしています。

特に起動速度の速さは特筆ものです。

「Chromebook」と並んで使い勝手のいいモバイルノートとになりました。

今後も「M1 MacBook Air」については、レビュー、セール情報、ノウハウなど紹介していきます!

タケイ
お時間あったら是非読んでもらえたら嬉しいです☺
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Apple, MacBookAir

Copyright© タケマコブログ , 2021 All Rights Reserved.