Chromebook Chromebookの使い方 Chromebookまとめ

[使い方]Chromebookでバッテリーの充電回数、残量(寿命)を簡単に確認する方法

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Chromebookを使う上で気になるのが「バッテリー寿命」だと思います。

交換ができないので「バッテリーがへたっているのか?」の確認方法は知っておきたいところです。

そこでこの記事では

Chromebookでバッテリーの充電回数、残量(寿命)を簡単に確認する方法

を紹介します。

Chromebookでバッテリーの充電回数、残量(寿命)を簡単に確認する方法

Chromebookでは、公式に確認する方法が用意されています。

以下の通りに操作してみてください。

タッチパッド(マウス操作)のみで確認可能です。

step
1
設定メニューから「Chrome OSについて」を選択

まずはツールバーから設定メニューをオープン。

左メニューの下に「Chrome OSについて」をクリックします。

 

step
2
「Chrome OSについて」の画面で「診断」を選択

「Chrome OSについて」の画面が開くので、真ん中にある「診断」をクリックしてください。

 

step
3
バッテリーの状態を確認

診断をクリックすると、バッテリーのコンディション画面になります。

ここでバッテリーの状態を確認してください。

「診断」で確認できるバッテリーの情報

以下が実際のバッテリーの確認画面です。

確認できるのは

  1. バッテリーの最大容量
  2. バッテリーの状態
  3. サイクル回数
  4. 電流

となっています。

「最大容量」はパソコンに積まれているバッテリー容量。

「電池の状態」はバッテリーのへたり具合です。

「サイクル回数」はフル充電した回数で「電流」は現在のつながっている電源の強さとなっています。

重要なのが

「バッテリーの状態」

ですね。

充電を繰り返すたびに減っていきます。

数値としては「80%」台だと危険。80%を切るようになると寿命です。

電源を繋いでおかないと、いきなり電源が落ちる状態になってしまいます。

中古品ではへたっている場合もあるので、買う場合には、かならずチェックしておきましょう。

以上、Chromebookでバッテリーの充電回数、残量(寿命)を簡単に確認する方法の紹介でした。

バッテリーの寿命は、自動更新ポリシーよりも確実に早く来ます。

運用でも大切なので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

タケイ
Chromebookの使い方については以下でも紹介しています。合わせてお読みください!

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの使い方, Chromebookまとめ