ASUSのChromebook Chromebook Chromebookの最新モデル

[まとめ]ASUSのChromebook 最新モデル・価格・ベストセラー・サポート情報を紹介!

2020年2月7日

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

この記事ではASUSのChromebookについて最新モデル・価格・ベストセラー・サポート情報を紹介します!

この記事のポイント

  • ASUSのChromebook 最新モデル、価格一覧
  • ASUSのChromebook タイプ紹介
  • ASUSのChromebook ベストセラー紹介
  • ASUSのChromebook シリーズ解説
  • ASUSのChromebook     ショップを紹介
  • ASUSのサポート窓口・並行輸入品のサポート有無について
  • ASUSの特徴と魅力

ASUSのChromebook 最新モデル、価格一覧

Chromebookにおける主要なメーカーのひとつ「ASUS」。

日本ではどんなChromebookを売っているのか?をみていきます。

ASUSのChromebook 最新モデル一覧 ※2020年2月時点

まずは最新モデルの一覧から。

一番新しいモデルは「ASUS Chromebook C434TA」。

2019年に発売されました。

2020年モデルはまだ日本では発売となっていません。

モデル名 OS更新期限 特徴
ASUS Chromebook Tablet CT100PA
44,800円
2023/8/1 ・タブレットタイプ
・液晶サイズは9.7インチ
・ペン入力対応
ASUS Chomebook Flip C101PA
39,800円
2023/8/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは10.1インチ
・最軽量のChromebook890g
ASUS Chromebook C204MA
42,800円
2025/6/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・ノングレア液晶搭載
ASUS Chomrbook Flip C213NA
49,800円
2023/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル
ASUS Chromebook Flip C214MA
58,800円
2025/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2019年モデル
ASUS Chomrbook Flip C302CA
69,800円
2022/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは12.5インチ
・フルHD液晶搭載
ASUS Chromebook C434TA
68,000円〜
2024/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・14インチフルHD液晶搭載
ASUS Chromebook C223NA
35,000円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・11.6インチ
・廉価かつ軽量
ASUS Chromebook C423NA
42,800円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・14インチ
・廉価かつ軽量
ASUS Chromebook C523NA
45,273円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・15.6インチ
・廉価かつ軽量

ASUSのChromebook タイプ紹介

ASUSはどんなタイプのChromebookを出しているのか?を紹介します。

ASUSではデタッチャブルタイプ以外、すべてのタイプが販売されています。

タイプ シリーズ名
タブレット CTシリーズ
ウルトラブック
※コンバーチブル
C100シリーズ
クラムシェル C200シリーズ
C220シリーズ
C420シリーズ
C520シリーズ
コンバーチブル C210シリーズ
C300シリーズ
C430シリーズ

また1kg以下の「ウルトラブック」タイプを出しているのはASUSだけ。最軽量を求めるならASUSがオススメです。

バラエティが豊かなのがおわかりいただけると思います。

ASUSのChromebook ベストセラーは?

ASUSのChromebookベストセラーは「ASUS Chromebook C223NA 」です。

定価が35,000円(税別)と安価なこともあって最初の1台として人気になっています。

質量が「999g」と軽いのも魅力ですね。

ASUS Chromebook C223NA

icon icon

ポイント

  • 持ち運びしやすい重さ(999g)
  • ロングバッテリー(11.3時間)
  • 買いやすい価格(31,636円)

ASUSのChromebook シリーズ解説

タイプをみた後は、シリーズ別に説明していきます。

シリーズ数は全部で9個。

製品のバラエティは全メーカの中で一番豊富です。

CTシリーズ ASUSのタブレット

タブレットのシリーズ。2019年に新設されたタブレットのラインです。

C100シリーズ 唯一無二のウルトラブック

ASUSの象徴ともいえるシリーズ。10.1インチの液晶が特徴。

コンバーチブル型ウルトラブックのラインです。

2020年時点では「C100PA」→「C101PA」と続いています。

C200シリーズ 頑丈なクラムシェル

バラエティが豊富なミドルレンジのクラムシェルタイプのシリーズ。

11.6インチのディスプレイとノングレア液晶が特徴です。

C200MA→C203NA→C204MAと続いています。

C210シリーズ C200のコンバーチブル型

C200シリーズのコンバーチブル型のシリーズです。MILスペック搭載、画面タッチに対応しています。

文教向けの定番モデルです。

製品選びに迷ったら、このシリーズを買っておけば問題なし。

C220シリーズ 軽さと安さが売りのクラムシェル

C200シリーズの重さ1kgの軽量さと安価な価格設定が特徴のモデルです。

前モデルはC201PAでしたが、型番の割り振りが行われC220シリーズとなりました。

2020年時点では「C223NA」が販売中。コスパ重視な人にオススメのシリーズです。

C300シリーズ ハイエンドなコンバーチブル

12〜13インチのディスプレイを搭載したシリーズです。C300MA→C302CAと続いていました。

2017年までのフラグシップモデです。

2020年時点では画面の大型化にともない、C400シリーズに集約されています。

C420シリーズ 安さが売りのクラムシェル

14インチのクラムシェルタイプのシリーズです。

タッチパネル非搭載な分、軽さと価格のやすさが特徴。

C220の14インチ版と考えていいでしょう。

C430シリーズ フラグシップなコンバーチブル

ASUSの14インチのコンバーチブルタイプのシリーズです。

現状、フラグシップモデルの位置づけとなっています。

2020年もこの構成は変わらない模様。

C434TA→C436FAへのアップデートが予定されています。

C520シリーズ 安さが売りのコンバーチブル

15.6インチのクラムシェルタイプのシリーズです。

C220、C420シリーズと同様で軽量と価格の安さを前面に出しているのが特徴。

とにかく画面が大きいのがほしい方向けのシリーズです。

ASUSのChromebook ショップ情報

ASUSのChromebookは全メーカのなかで一番買いやすくなっています。

ビックカメラグループ、ヨドバシカメラどちらでも購入可能です。

またオンラインでも購入できるストアも一番多いです。

※直販ストア「ASUS Store赤坂」は2020年8月をもって閉店となってしまいました。オンラインストアはやっています。

ASUSのChromebookが買える店
ショップ名 コメント
ASUS Store ASUSの直販ストア。
リアルショップは赤坂見附にあり。
Amazon AmazonのChromebookコーナーでも購入可能
楽天市場 ビックカメラグループにて販売
楽天ポイント還元あり
Yahooショッピング ビックカメラグループにて販売
PayPayポイント還元あり
ビックカメラ 最新モデルを展示中
ソフマップ 最新モデルを展示中
ヨドバシカメラ 2020年1月より販売を再開

ASUSのChromebook サポート窓口・並行輸入品のサポート

ASUSのサポート情報です。

ASUSサポートの情報

ASUSのサポート窓口は電話とメールがあります。

問い合わせするときはシリアル番号が必要なので控えておきましょう。

購入したらすぐに製品登録しておくこともオススメします。

サポートにつないだときの話の展開も早められますので。

購入した製品で不具合があったら、以下に連絡してください。

WEBのサポート窓口

サポート 公式 | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/support/

電話・メール

サポート 公式 | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/support/callus/

メモ

連絡する前に用意するもの

1. 製品保証書
2. 購入証明書
3. モデル名
4. シリアルナンバー(S/N)
5. お問い合わせ内容や症状の詳細
6. 製品本体
7. 付属品

ASUS製 並行輸入品のサポートについて

並行輸入品の取扱いについてですが、柔軟に対応してくれます。

受付不可のメーカーが多いなか、例えばAmazon.comで購入した商品でも修理受付してくれます。

部品がない場合、海外修理となるので時間はかかりますが。

日本語で受け付けてくれるだけでもありがたいですね。

ASUSの特徴と魅力

ASUSの特徴は他のメーカーにはない尖ったモデルを販売しているところです。

例えば重さ900グラムのウルトラブックを販売しているのはASUSだけ。

「金太郎アメか!」というくらいに同じようなスペックのモデルが多い中、尖ったモデルを出してくれるのがASUSです。

また、日本でChromebookが売れていない時から、販売機会を持ってきてくれました。

2020年以降の買いやすい環境が整ってきたのもASUSの功績は大。

Chromebookの個人ユーザーにとっては稀有でありがたいメーカといえます。

応援する意味でも、みなさんには「迷ったらASUS」でいってほしいなと思います!

タケイ
以上、ChromebookメーカーとしてのASUSの紹介でした

Chromebookメーカーのモデル一覧・価格・ベストセラー・サポート情報

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-ASUSのChromebook, Chromebook, Chromebookの最新モデル
-

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.