Chromebook 話題・ニュース

[Chromebook]GoogleCloudNext18訪問。日本未発売機種(Spin13、C223)などの展示ありでChromebook好きにはありがたいイベントでした

投稿日:

仕事の合間に東京プリンスホテルで行われた「GoogleCloudNext18」に訪問してきました。表向き(仕事)はChromeエンタープライズについてのセッション聴講、企業ユースでのChromebook利用の事例を確認することでしたが、裏目的(個人)としてはなんといってもChromebookの展示です。日本未発売の機種に触れるかも?という多大な期待をいだいて行ってきました。

AcerのChromebook「Spin13」は日本でぜひ発売してほしい

どんな展示があるかは公式サイトからははっきりしなかったので、あったらいいなくらいの期待半分で向かっていたのですが、道すがらおふぃすかぶさんより耳寄りな情報があり、、、

俄然テンションマックスになってブースに乗り込みました。

Chromebookが展示されているブースはクラウドワーカーブース。EXPOのパープル、東京プリンスホテルの2階にありました。

ブースの様子ですが以下な感じ。

もうChromebook天国状態でしたね。

日本でChromebookを販売している各社(Acer、ASUS、DELL、Lenovo)の最新機種はもちろん、なんと未発表の機種まで参考展示されていました!

プレスリリースもまだということで、「写真は撮ってもOKだけどネットへの投稿は不可」ということだったので詳細は伏せますが、日本にも投入される機種であるとのことでした。実際に稼働しているところを触ってみましたが期待度はマックスになれる機種でしたね。ASUSさんのここのところのラインナップの充実度は頼もしい限りです。

展示ブースの様子

Google社員の使い方を直にきけるナイスなブースでした。

Android好きならたまらない図

Spin13など日本未発売機種の実機展示あり

他、ブースの展示の中で個人的に興奮だったのは「AcerSpin13」の実機展示でした。まさか電源が入っていてかつテーブルにおいた状態でを触れると思っていなかったので、買ったら実際に使うようなシチュエーションで触れるというのはありがたかったですね。実際のイメージが湧くというか。

10分ほど触った感触としては、外装周りとかキーボードなどはWindowsが載っているSpin13がそのままChromebookに流用した印象をうけました。Windows版のSpinは一度触ったくらいでうろ覚えなのですが、おそらく筐体は一緒かなと。

ともあれChromebookの中ではゴージャス感が強く持っていて嬉しくなる外観、材質と感じました。どことなくPixelbookに似ているというかプレミアム感はありましたね。

ただ、重さは1.5キロあるので持ち運びするには力がいりそうです。用途としてはリビング用パソコン、オフィス内モバイルとしての利用が適しているのかな、と思います。

個人的なSpin13のトピックスは「13インチでのEMR手書き対応」だったのですが、こちらは期待通りでした。試しに手持ちのSペンで操作してみたところ、快適に動作してくれまして、OSの動作も「Pixelbook+Pixelbookペン」と同じことができて使い勝手の面で問題無く安心できました。

ペンメニューからのキャプチャーがなども一緒。(囲っての検索などは未対応。)

ペンの形式によらず同じ使い方ができそうです。

Soin13はEMR形式で充電いらずな分、Pixelbookペンよりも使いやすいのではないかと思います。

テーブルにおいてあったSpin13

キーボードはこれまで発売されている機種と同じでした。

液晶比率は3対2。ここはナイス

最大解像度は2234*1584とか。視認性はよかったです。多少映り込みはありましたが。

手書き機能はナイス

手持ちのPixelbookと比べたところ。フットプリントはおなじくらい

 

厚みはPixelbookペン2倍ありました。

ブースでの会話から。今後のChromebookの展望に頼もしさを感じた

展示をみてひとしきり写真を撮ったあとはブースの人をとっ捕まえてChromebookの各社の展望やPixelbookは日本ででるのか?を聞いてみました(笑)

Googleの方と15分ほどですが話してわかったのは、

・GoogleとしてもChromebookの日本での普及に前向き

・Acer、ASUS、Dell、Lenovoと増えているが日本国内メーカーとも開発に向けて協議している

・Pixelbookは日本国内に持ってきたいがハードルもある(コミットできる数とか、メーカーとの関係)>ここはもっとメジャーになれば日本にも来る

ということ。

個人的にはものすごく頼もしさを感じましたね。

決してGoogleは日本を見捨てているわけではなく、ようやく本腰を入れて日本という市場にも目を向けてくれているのかなと。

少なくともこのあと数年は、販売する機種が増えることはあっても減ることはない、という点にものすごく各社頼もしさを感じました。

微力ながらChromebookを買ってブログで宣伝、会社でも使って口コミで良さを伝えていこうと思いますw

まとめ Chromebook好きなら行ってよし

他1時間半ほどでしたが、GCPのイベントながらChromebookも十分表に出ていてChromebookの業務利用のセッションが聴けたり、代理店ブースの方と情報交換できたりと想像していた以上にChromebookの情報が入手できて嬉しい誤算でした(あくまでGCPイベントなので)。

明日(2018年9月20日)も東京プリンスホテルで開催しているので、都合のつくChromebookな方はぜひ行ってみてください!時間は午後6時半までです。

繰り返しになりますが、日本未発売の機種をさわれる貴重な機会です(^o^)

ちなみに参加登録ですが、名刺さえあれば現地登録でもブースには入場可能になっています。>あくまでビジネスなので名刺は必須。

場所

公式サイト

https://cloud.withgoogle.com/next18/tokyo




大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

NOXOMIWifi Fujiwifiより月額料金が安いwifiサービス

Fujiwifiに続いて、ほぼ同内容のサービスを展開している大容量モバイルWi-Fiサービスです。

台数限定ながら無制限プランがあり、200GBプランなどもあります。

ルータープランのみながらも月額料金はFujiwifiよりも安くなっています。

格安SIMをデータ通信回線に使っているけど速度に不満と思っている人におすすめのサービスです。

SakuraWifi

無制限プランが売りのレンタルWi-Fi業者です。

Fujiwifiと並んで大容量パケット通信サービスとしてながらく君臨しています。

最初にお試し一ヶ月プランを選択しなければならない点、ホームページがわかりづらいのが難点ですがサービス内容はよろしいです。

実質料金が4,514円になるので私は100GBプランのFujiwifiにしましたが「無制限」にこだわる方にはおすすめです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 話題・ニュース

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2018 All Rights Reserved.