AcerのChromebook Chromebook Chromebookの最新モデル

[まとめ]AcerのChromebook モデル一覧・価格・ベストセラー・サポート情報を紹介

2020年2月11日

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

この記事ではAcerのChromebookについてモデル一覧・価格・ベストセラー・サポート情報を紹介します!

以下について興味があるかたはぜひお読みください!

ポイント

  • AcerのChromebook 最新モデル、価格一覧
  • AcerのChromebook ベストセラー紹介
  • AcerのChromebook タイプ紹介
  • AcerのChromebook シリーズ解説
  • AcerのChromebook     ショップを紹介
  • Acerのサポート窓口・並行輸入品のサポート有無について
  • Acerの特徴と魅力

AcerのChromebook 最新モデル、価格一覧

ASUSと並んでChromebookにおける主要なメーカーのひとつ「Acer」。

日本ではどんなChromebookを売っているモデルについて紹介していきます。

AcerのChromebook 最新モデル一覧 ※2020年2月時点

最新のモデルは2020年9月から発売。

11インチ〜15インチまでバラエティ豊かな構成となっています。

モデル名 OS更新期限 特徴
Chromebook Spin 713
(CP713-2W-A38P/E)
¥89,800(税込)
2028/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・アスペクト比3:2を搭載(IPS液晶)
・第10世代インテル® Core™ i3プロセッサーを搭載
Chromebook 712
(C871T-A38N)
¥59,800(税込)
2028/6/1 ・クラムシェルタイプ
・キーボードは防滴仕様
・第10世代インテル® Core™ i3プロセッサーを搭載
Chromebook 712
(C871T-A14N)
¥39,800(税込)
2028/6/1 ・クラムシェルタイプ
・キーボードは防滴仕様
・インテル® Celeron® プロセッサーを搭載
Chromebook Spin 311
(CP311-3H-A14N)
¥39,800(税込)
2028/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・アスペクト比3:2を搭載(TN液晶)
・MediaTek M8183Cプロセッサーを搭載
Chromebook 315
(CB315-3H-A14N)
¥32,800(税込)
2028/6/1 ・クラムシェルタイプ
・ディスプレイサイズは大画面の15.6型
・キーボードにテンキーを搭載
Chromebook 314
(CB314-1H-A14N)
¥29,800(税込)
2028/6/1 ・クラムシェルタイプ
・使いやすい14.0型のディスプレイサイズ
・3万円以下の低価格
Acer Chromebook 311
(C721-N14N)
43,780円
2026/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・CPUにAMDを搭載
Acer Chromebook Spin512
(R851TN-A14N/E)
55,800円
2026/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは12インチ
・MILスペック
Acer Chromebook 512
(C851-A14N)
38,800円
2026/6/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは12インチ
・MILスペック
Acer R752TN-N14N (Spin 511)
66,740円
2025/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック、ペン入力対応
Acer R752T-N14N (Spin 511)
55,940円
2025/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック
Acer Chromebook Spin 13
(CP713-1WN-N38P/E)
101,648円
2024/6/1 コンバーチブルタイプ
・3:2比率の液晶を搭載
・液晶サイズは13.5インチ
・ペン入力対応
Acer Chromebook Spin 13
(CP713-1WN-A58P/E)
111,833円
2024/6/1 ・コンバーチブルタイプ
・3:2比率の液晶を搭載
・液晶サイズは13.5インチ
・ペン入力対応
・CPU強化タイプ
Acer Chromebook 715
(CB715-1WT-A38P/E)
81,277円
2025/6/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは15.6インチ
・メモリ8GBを搭載
Acer Chromebook 11
(C732-F14N)
39,800円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・ノングレア液晶搭載
Acer Chromebook 11
(C732T-F14N)
44,800円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・マルチタッチ対応
Acer Chromebook Spin 11
(R751T-N14N)
53,784円
2023/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル
Acer Chromebook Spin 11
(R751TN-N14N)
59,800円
2023/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・ペン入力対応
・2017年モデル
Acer Chromebook Spin 11
(CP511-1H-F14N)
49,000円
2023/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル
Acer Chromebook C732L-H14M
(LTE)
73,440円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・ノングレア液晶搭載
・LTE対応
Acer Chromebook C732LT-F14N
(LTE+マルチタッチ)
80,773円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・ノングレア液晶搭載
・LTE対応、マルチタッチ対応
Acer Chromebook 15
CB3-532-F14N

33,800円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは15.6インチ
・メモリ4GBを搭載
Acer Chromebook 11
CB311-7H-N14N

42,702円
2023/11/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・ノングレア液晶搭載
・ホワイトカラーあり
・2017年モデル
Acer Chromebook Spin 11
(R751T/TN, CP511)

43,141円
2023/11/1 ・コンバーチブルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル
Acer Chromebook Tab 10(tablet)
59,184円
2023/8/1 ・タブレットタイプ
・液晶サイズは9.インチ
・MILスペック搭載
・2018年モデル
Acer Chromebook 11
C731-F12M

29,916円
2022/1/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル
Acer Chromebook 11
C731-N14N

52,132円
2022/1/1 ・クラムシェルタイプ
・液晶サイズは11.6インチ
・MILスペック搭載
・2017年モデル

AcerのChromebook タイプ紹介

ASUSと同様にタブレット、クラムシェル、コンバーチブルタイプを出しています。

一方で1kg以下のウルトラブック、Surfaceのようなデタッチャブル型は出していません。

Acerならではなモデルが「Spin713」シリーズ。

3.5インチ、比率が3:2の液晶を搭載かつペン入力対応のハイエンドモデルです。

シリーズの区分けは、以下のように覚えておけばOKです。

区分けのポイント

  • 商品名に「Spin」がつく=コンバーチブルタイプ
  • Chromebook だけ=クラムシェル
  • 数字の下二桁=ディスプレイサイズ

タイプ シリーズ名
タブレット Chromebook Tab
クラムシェル Chromebook 11
Chromebook 15
Chromebook 311
Chromebook 314
Chromebook 315
Chromebook 512
CB715
C721
C730
C730L
コンバーチブル
(Chromebook Spin)
Spin11
Spin311
Spin511
Spin512
Spin712
Spin13
Spin713

AcerのChromebook ベストセラーは?

AcerのChromebookベストセラーは「Acer Chromebook Spin 11(R751T-N14N)」となっています。

堅牢性の高い作りが好評で、実売価格が「実質3万円台」なのも人気な理由の1つです。

Acer R751T-N14N

スペック
  • CPU:Celeron プロセッサー N3350
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • 重さ:1.4kg
  • ディスプレイ:11.6型(1366×768)

ポイント

  • 持ち運びしやすいディスプレイサイズ
  • MILスペックに準拠した堅牢性の高さ
  • 耐水キーボードを搭載

AcerのChromebook シリーズ解説

シリーズ別に説明していきます。

シリーズ名の見分け方は以下。ただ一見してもイメージが浮かばないのが難点です。

Chromebook好きでもAcerの型番は謎です。

区分けのポイント

  • 商品名に「Spin」がつく=コンバーチブルタイプ
  • Chromebook だけ=クラムシェル
  • 数字の下二桁=ディスプレイサイズ

 

Chromebook Tabシリーズ Acer唯一のタブレット

タブレットのシリーズです。ChromebookでのタブレットはAcerが先駆けでした。

2020年時点で2年経過。4万円前後で購入できます。

Chromebook 11シリーズ 11.6インチのクラムシェル

Acerのクラムシェルタイプの定番です。ASUSでいうところの「C204MA」と同じ立ち位置。オーソドックスなシリーズです。

Chromebook 15シリーズ 15.6インチのクラムシェル

Chromebook 11のスペックそのままにディスプレイが15.6インチとなったシリーズです。

15.6インチの大型タイプはASUS、Acerに限られており、希少性の高いシリーズともいえます。

CB715シリーズ 15.6インチのハイエンドクラムシェル

C715シリーズは現在1つのモデルが存在しています。Spin13シリーズとともに投入されました。

高性能CPU、高容量メモリの搭載が特徴です。

C721シリーズ 11.6インチ、AMDプロセッサ搭載のクラムシェル

2019年10月に発表となったシリーズです。CPUにIntel製ではなくAMD製のものを搭載しています。

他のスペックはC730シリーズと同様となっています。

C730シリーズ 教育機関向けの11.6インチクラムシェル

Chromebook11シリーズとありません。教育機関向けのモデルに「C730」の番号がつく傾向があります。

C730Lシリーズ LTEに対応した教育機関向けの11.6インチクラムシェル

個人向けでは2020年時点で唯一LTEを搭載したシリーズです。

2020年にはコストコで2万円台前半で販売され話題を呼びました。

Spin11 11.6インチ液晶搭載のコンバーチブルタイプ

 

AcerのChromebookの代名詞的シリーズです。

11.6インチ、MILスペック準拠、モデルによっていはペン入力(EMR)にも対応しています。

機能的にもオールマイティで使いやすいモデルです。

Spin511 11.6インチ液晶搭載のコンバーチブルタイプ※2018年モデル

Spin511シリーズは「Spin11」の後継モデルです。

2019年に発売されたモデルは「Spin511」となりました。

2020年モデルはさらにシリーズ名が変わる可能性があります。

Spin512 12インチ液晶搭載のコンバーチブルタイプ※2019年モデル

スペックは「Spin511」シリーズと同様です。

ディスプレイの大きさが「11.6インチ→12インチ」となったことから「Spin512」シリーズが生まれました。

2019年からスタートの新しいシリーズです。

Spin13シリーズ 13.5インチ液晶搭載のコンバーチブルタイプ

Acerの13インチの大型Chromebookです。

性能はGoogle Pixelbookに迫ります。

高性能なモデルがほしい方にオススメ。

AcerのChromebook ショップ情報

AcerのChromebookは、NTT系列のオンラインショップ、Amazonやビックカメラグループ、ヨドバシカメラで購入できます。

直販ストアは自社サイトではなく「楽天市場のみ」となっています。

この辺はAcer独特なところですね。

ASUSのChromebookが買える店

ショップ名 コメント
NTT-XStore Acerの最新モデルを販売
Amazon AmazonのChromebookコーナーでも購入可能
楽天市場 Acer楽天市場店、ビックカメラグループにて販売
楽天ポイント還元あり
Yahooショッピング ビックカメラグループにて販売
PayPayポイント還元あり
ビックカメラ 最新モデルを展示中
ソフマップ 最新モデルを展示中
ヨドバシカメラ 2020年1月より販売を再開

AcerのChromebook サポート窓口・並行輸入品のサポート

Acerのサポート情報です。購入した製品で不具合があったら、以下に連絡してください。

お問い合わせ | Acer 公式サイト
https://www.acer.com/ac/ja/JP/content/contacts

サポートの対象となる機種について

Acerのサポート対象は以下となっています。

注意

  • 日本国内で日本エイサーが販売しているデスクトップPC
  • 日本国内で日本エイサーが販売しているノートPC
  • 日本エイサーの保証書が添付された各種周辺機器

注意分にあるように「日本国内で購入したもの」に限られます。

たとえ日本と同じモデルであっても、日本以外で購入したものは受付対象となりません。

電話をしても「海外窓口に連絡してくれ」と返事が来るだけ。

海外で購入したら買った国のAcer窓口に直接連絡する必要があります。

他メーカーシビなので注意しましょう。

Acerの特徴と魅力

Acerの特徴はバラエティに富んだモデル構成にあります。

2020年にはなんと11インチから1インチ刻みでで15インチまで網羅する構成となりました。

まさにChromebookの「リードカンパニー」の面目躍如といったところ。

ASUSとならんでChromebookについてはノウハウが多いメーカーです。

Chromebook選びに迷ったときにAcer製を選ぶのは賢い選択といえるでしょう。

タケイ
以上、ChromebookメーカーとしてのAcerの紹介でした

Chromebookメーカーのモデル一覧・価格・ベストセラー・サポート情報

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-AcerのChromebook, Chromebook, Chromebookの最新モデル
-

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.