Chromebook Chromebook利用レポート

[Chromebookと私]EMRスタイラス対応のChromebookが欲しくなってきました。Staedtler Noris Digital Chromebook Stylusも発売となる模様

最近、ステッドラーのスタイラスペン「Staedtler Noris Digital」のChromebookエディション発売されました。

ツイッターでも「Chromebook×スタイラス」な使い方についての話題がちらほら。それらの投稿を読んでいるうちに俄然EMRスタイラス対応のChromebookが欲しくなってしまいました(笑)。

改めて、EMRペンのChromebookでの使い勝手について振り返ってみたいと思います。

EMR方式のスタイラスは汎用性が高い

実は職場でもChromebook使っておりまして、スタイラス対応の「C213NA」を常用しています。

ちょうどGalaxyNote8用に先日購入して利用していた「STAEDTLER Noris digital Designed for SAMSUNG」も持っていたので、

「当然同じ方式のChromebookでも使えるよね?」

と思い立ち使ってみたら、バッチリ利用できました。

追従性もiPad Pro+アップルペンシルの組み合わせほどではないにしろ、「GalaxyNote8+NorisDigital」ほどはの書き味は達成しているかなという感じです。

実際に書いているところです。まずはGoogleKeep。

お次はAndroid版のOnenoteをインストールして書いているところです。

小さい文字も潰れること無く書けました。

惜しむらくは、ChromeOSの設定で「スタイラスを利用中は画面を指で動かせる」が働くにしていおくと、動画にもあるように画面に手のひらが着けると画面が揺れてしまうことですね。

このへんはおふぃすかぶさんに教えて頂いたのですが、「AndroidアプリのSquid」は筆圧を検知してくれ、

指先感知もしないようなので快適に利用する道はありそうです。

Squid - Take Notes & Markup PDFs
価格:無料(アプリ内購入あり)
平均評価:4.2(合計35,632件)
ダウンロード:100万回以上
(2018年3月8日時点)

 

「iPad Pro+アップルペンシル」「GalaxyNote8+NorisDigital」の組み合わせを常用している私にとっては、クラムシェルでもスタイラスを使えるのは魅力的です。

  • スマホで書いた手書きノートに書き足しをChromebookでやってみる
  • PDFに赤入れする
  • 場所の共有をするのにGoogleMapに手書き入れする

とか色々使えそう予感がひしひしとしています。

俄然、手書きができるChromebookが欲しくなっている状態です((笑´∀`)

Chromebookでスタイラスを使える機種とかスタイラスは?

調べてみると現状スタイラスを利用できるChromebookは以下。

1.職場で利用している ASUSのC213NAの法人モデル

2.SamsungのChromebookPlusかPro

3.AcerのR751TN-N14N

1は法人モデルなのでちょっと個人ではパス、2も魅力的なのですが直輸入限定で壊れたときのサポートが面倒くさい、

となると現実線「3.AcerのR751TN-N14N」が手っ取り早いのかなあ、と思っています。

スタイラスは、Staedtler Noris Digital Chromebook Stylus を待つまでも無く「STAEDTLER Noris digital Designed for SAMSUNG」で十分。

ツイッターでも会話させていただいたのですが、あとは収納をどうするか?くらいですね。Pixelbookのような収納オプションもないので。。。

ここは楽しく悩みたいと思います。

[amazonjs asin="B074Z75BHN" locale="JP" title="Acer ノートパソコン Chromebook R751TN-N14N Celeron/4GB/32GB/11.6インチ/Wacom社製スタイラス入力方式"]

[amazonjs asin="B0787Y9JBJ" locale="JP" title="STAEDTLER Noris digital Designed for SAMSUNG 【 国内正規品】 グリーン Galaxy Note8対応 スタイラスペン GP-U999ERIPAAA"]

補足 EMR方式とは

消費者目線でいうと「バッテリーが必要ないのが便利なスタイラス」といったところです。

EMR方式にディスプレイが対応していれば、EMR方式のデジタルペンで手書きを行えます。

高精度のセンサーと高度なアルゴリズム、超高速データ転送性能を組み合わせることで ワコムはこれを実現し、紙での手書き文字入力、描画、サインに匹敵する直感的で自然なデジタルペンの感触を再現します。

特許を取得したワコムの電磁共鳴 (EMR) テクノロジを活用したワコムのデジタルペンは、コードやバッテリなしで動作します。

ワコムのサインタブレットは 新品同様の外見で、問題なく動作します。ペンには内蔵バッテリがなく、もつれや切断の恐れがある電源コードも接続されていないので、メンテナンスフリーです。

EMR Benefits| Wacom
https://www.wacom.com/ja-jp/enterprise/business-solutions/resources-and-information/emr-benefits

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebook利用レポート