ガジェットレビュー デジタルガジェット

[RAVPower RP-PB186【リニューアル版】レビュー]手のひらサイズ スマホにピッタリのモバイルバッテリー[PR]

どうもモバイルバッテリーはすっかり「RAVPower」の製品一色となったタケイ(@pcefancom)です。

今回はRAVPower RP-PB186【リニューアル版】のレビューをお送りします。

こちらの製品は9月にリニューアルされたRAVPowerのモバイルバッテリーです。

created by Rinker
RAVPOWER
¥3,299 (2021/03/06 15:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

読者限定15%オフクーポン

PB186TAKE

適用期間:2020/10/08-2020/10/10
※商品ページにある5%offのクーポンと併用可能なので、実質20%offの割引となります

特徴はコンパクトなサイズ。

手のひらサイズで持ち運びに特化したモデルです。

今回、RAVPowerさんに製品を提供いただきました!

一ヶ月みっちり使ってみましたので、実際の使い勝手も含めてレビューしていきます。

RAVPower RP-PB186 持ち運びしやすいサイズ感がナイス

今回紹介する「RP-PB186」は9月に発売されたばかりの手のひらサイズのモバイルバッテリーです。

いきなりですが、一ヶ月使ってみてのリアルな感想からいきます。

一ヶ月使ってみて、もはやモバイル生活に手放せないガジェットになっています。

持ち出す頻度が一番高く、一番大好きなモバイルバッテリーとなりました。

なかでも気に入っているのが出力も「18W」、「PD対応」なところ。

スマホでバッテリーがなくなったときでも充電があっという間です

Chromebookでもサイズが小さいモデル(Lenovo IdeaPad Duet)なら充電もできてしまいます。

通勤だったり、ひらくPCバッグナノを持ち歩くときなど「これさえあれば必要十分」となっていますね。

RAVPowerモバイルバッテリー

RAVPower RP-PB186 スペック

まずはスペックから。以下のようになっています。

サイズ 約 111 x 51 x 25 mm
重量 約 187 g
バッテリー容量 容量:10000mAh / 36.3Wh
充電時間:約3.5時間(※18W出力以上のPD対応USB-C充電器をご利用の場合)
充電時間 USB-Cポートx1 (USB-C:⼊出⼒兼⽤仕様)
⼊⼒ポート 2 ポート (USB-C、USB -A)
出⼒ポート 2 ポート (USB-C、USB -A)
USB-Cポート⼊⼒ (PD対応) 最⼤18W (5V/3A, 9V/2A)
USB-Cポート出⼒ (PD対応) 最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-Aポート出⼒ (QC 3.0対応) 最⼤18W (5V/2A, 9V/2A)
合計最⼤出⼒:最⼤17W 最⼤17W (USB-Cポート+USB-Aポート 5V/3.4A)

特徴は「PD対応」「最大出力18W」なところですね。

PD対応なので急速充電が可能、出力も18Wあるので小型のChromebookへの充電も可能となっています。

ポートも「USB-A」が省かれていないところはナイスです。

RAVPower RP-PB186 外観をチェック

実際の外観をチェックしていきます。

化粧箱と付属品 本体とUSB-Cケーブルがセット

外箱はおしゃれな化粧箱に入っています。

一方で包装はシンプル。発泡スチロールなどもなく好感がもてました。

RAVPower モバイルバッテリーの化粧箱

付属品は以下のようになっています。

  • RAVPower モバイルバッテリー本体
  • USB-C & USB-Cケーブル
  • カスタマーサポートカード
  • 取扱説明書(日本語版付き)

本体を充電できるUSB-Cケーブルは1本セットなっていました。

説明書も日本語のものがついています。

この辺はさすが専門メーカー「RAVPower」さんといったところ。

使うためにケーブルを買い足す必要はありません。

RP-PB186【リニューアル版】の付属品

Type-Cケーブルの同梱はうれしい

ケーブル込みの重さは215グラム

次に重さです。こちら実測してみたところ、ケーブル込みで「215グラム]でした。

実感覚では、紙パックの飲み物を1本もっているような感じ。

重さは全然感じませんね。これで10000mAhの容量を実現しているのは素晴らしいと思います。

RP-PB186【リニューアル版】

ケーブル2本込みで215グラムほど

タケイ
スペック、外観に関しては合格点、数あるモバイルバッテリーのなかでも高品質なモデルと感じました

充電ポート USB-A、Cが1本ずつ

最後に、充電ポートの構成について見ていきます。

本モデルは2ポート。USB Type-AとType-Cポートが1つずつの構成となっています。

バッテリーの充電はどちらのポートからでもOK。

RP-PB186【リニューアル版】のポート

手のひらサイズのモバイルバッテリーとしては必要十分なポート構成ですね。

10000mAh、18W出力で3千円以下 高コスパでオススメ

以上、 RABPowerさんのモバイルバッテリー「RP-PB186【リニューアル版】」のレビューでした!

もはや「RAVPower」ブランドは、Anker、AUKeyと並んでバッテリーの定番ブランドといえるでしょう。

こちらの製品も一ヶ月使っていますが、持ち運びが楽で非常に快適です。

持ち出す頻度でいえば一番になってます。

10000mAh、18W出力してくれるっていうのは心強いです。

忖度なしにオススメでできるモバイルバッテリーですね。

読者限定クーポン(15%オフ、10/10まで)あり!2,400円ほどで購入可能

ちなみに今回RAVPowerさんのご厚意で10/10まで使える15%オフクーポンを頂きました。

以下、赤文字のクーポンコードを入れてもらえれば、20%オフで購入できます!

読者限定15%オフクーポン

PB186TAKE

適用期間:2020/10/08-2020/10/10
※商品ページにある5%offのクーポンと併用可能なので、実質20%offの割引となります

是非お使いください!

created by Rinker
RAVPOWER
¥3,299 (2021/03/06 15:45:22時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-ガジェットレビュー, デジタルガジェット

© 2021 タケマコブログ