Chromebook Chromebookの話題 Chromebookニュース(2021年)

[話題]Acer 文教市場向け「Chromebook Spin 511(R753T-A14N)」の新モデルを6月に発売!CPUがパワーアップ

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Acerから新しく文京向けChromebookの2021年モデルを販売すると発表がありました。

モデル名は「Chromebook Spin 511」」。2in1タイプ、堅牢性を重視したChromebookです。

価格はオープン発売は6月から。教育機関向けに販売をしていくとのことです。

Chromebook Spin 511(R753T-A14N)

学校での使用環境を考慮してさらにパワーアップ!「GIGAスクール構想」対応、文教市場向けAcer Chromebook Spin 511の新モデル発売 | acer
https://acerjapan.com/news/2021/01A007

タケイ
Acerの定番モデルが2021年も発売となりました。特徴とスペックを見ていきます。

「Chromebook Spin 511(R753T-A14N)」の特徴

Chromebook Spin 511(R753T-A14N)は、11.6インチのコンバーチブルモデル(Spin511)の2021年モデルです。

実に

「R751T-A14N」(2019年)

「R752T-A14N」(2020年)

「R753T-A14N」(2021年)

と変遷。

CPUが最新世代にパワーアップしました。

堅牢性を重視、ミドルクラスの性能を備えた、Acerのベストセラーとも言うべきモデルです。

Chromebook Spin 511(R753T-A14N)

ココがポイント

  • 「GIGAスクール構想」に対応
  • 最新世代のCeleronN4500を搭載
  • スライドカバー付のインカメラを搭載

特徴的なのは「GIGAスクール仕様」に準拠しているところですね。

文部科学省GIGAスクール構想における「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づいた学習者用端末の標準仕様に準拠。

LTE対応以外はすべて対応しています。

Business DN'A|製品情報|Chromebook R753T-A14N(GIGAスクール対応)
https://www.biz-dna.jp/products/notebook/r753t-a14n.html

また、最新世代のCeleron「N4500」を搭載しているのも注目ポイント。

ミドルレンジながら快適な操作が期待できます。

インカメラにスライドカバーをつけているのも目新しいところ。カメラでのプライバシーに考慮したのでしょうね。

順当なリニューアルがされているなという印象です。

「Chromebook Spin 511(R753T-A14N)」のスペック

スペックと価格は以下のようになっています。

性能的にはスタンダードモデルど真ん中といったところです。

モデル名 Chromebook Spin 511(R753T-A14N)
CPU インテル® Celeron® プロセッサー N4500
メモリ 標準4GB(オンボード) / 最大4GB
LPDDR4X SDRAM
スロット数x0(空きx0)
ディスプレイ 11.6型 IPSパネル、360°ヒンジ
WXGA (HD)、1366x768
16:9、光沢パネル
IPSパネル搭載、360°ヒンジ、Corning社製 抗菌仕様Gorilla® Glass
カメラ 【インカメラ】
広視野角 約92万画素 HDR HDウェブカメラ (1280 x 720, 720p) / スライドカバー付
【アウトカメラ】
広視野角 約500万画素 オートフォーカスウェブカメラ (2560 x 1920, 1080p)
内蔵ストレージ 32GB eMMC
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac/axドラフト 準拠
(Wi-Fi 6対応、2x2 MU-MIMO対応)
LTE 未対応
インターフェース USB 3.2 (Type-C, Gen 1, 最大5Gbps, PD対応/映像出力対応) ポート x2, USB 3.2 (Type-A) x2
ヘッドフォン/スピーカー・ジャック x1
生体認証 なし
ペン入力 未対応
本体サイズ 約 21.10 (H) x 296.00 (W) x 206.00 (D) mm
質量(重さ) 約1.31kg
価格 オープン価格
タケイ
個人的には「Wi-Fi6」に対応しているのが嬉しいですね。ミドルレンジにも広がってきたのがありがたい。

「Chromebook Spin 511(R753T-A14N)」は個人向けモデルの発売にも期待!

以上、Chromebook Spin 511(R753T-A14N)発売のニュースでした!

めでたくAcerからは定番モデルが2021年も発売となりました。

2in1モデルでペン以外はすべて対応というある意味王道のモデルです。今回のモデルもたくさん売れそうですね。

今回は文京むけモデルの発表でしたが「Spin511」シリーズは、個人向けモデルも毎年発売されています。

タケイ
2021年も販売されるはず。期待して待ちましょう!
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Chromebook, Chromebookの話題, Chromebookニュース(2021年)