dondone 格安SIM

【donedone】50GB(au回線)で2728円!プラン変更自由、縛りなしの高コスパ格安SIM

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

Chromebookでも使える格安SIMを紹介します。

donedone(ドネドネ)はBIGLOBEが新しく始めた格安SIM。


50GBものデータ(au回線、最大3Mbps)が使えて月2,728円と非常に格安です。

20GBではモノ足りない人にピッタリ。

この記事では、そんなdonedone(ドネドネ)について、魅力(メリット)と注意点、オススメポイントを紹介します!

 

dondone(ドネドネ)とは?

dondone(ドネドネ)は、BIGLOBEが7/1に提供を開始した新しいモバイル通信サービスです。

現在「BIGLOBEモバイル」がありますが、それとは別の新しいブランド。

大容量の通信が欲しい人向けへのサービスとなっています。

dondone 3つの魅力と注意点

そんなdonedoneの魅力ですが、

  • 大容量(50GB)で月2,728円
  • 回線が混雑時も安定のau
  • 対象アプリは通信速度が無制限

ところにつきます。

① 大容量(50GB)で月2,728円

一番なんといっても大容量。

50GBで2,728円は、各キャリアのサブブランドと比べても最安値です。

単価にして「55円/1GB」は非常に安いです。

※最近のサブブランドは「137円/1GB」が相場。

コスパを求める方には魅力的な価格設定です。

② 回線が混雑時も安定のau

また回線が「au」なのも魅力です。

UQモバイルでもわかるように昼夜安定しています。

1日を通して速度が安定しているのは大きな魅力といえるでしょう。

③ 対象アプリは通信速度が無制限

そして特徴的なのが

「対象アプリは通信速度が無制限」

となること。

「カスタムUプラン」の場合、3つのアプリは通信速度が無制限となります。

最大速度こそ「1〜3Mbps」ですが、特定のアプリが無制限で使えるのは便利です。

ちなみに執筆時点(2021/09/14)での対象アプリは以下となっています。

SNS
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook
動画
  • YouTube
  • ABEMA
  • TikTok
  • TELASA
音楽
  • Spotify
  • Amazon Music
ゲーム
  • モンスターストライク

対象アプリは即時変更可能(回/1時間)なので、お試し程度にやってみるのも問題ありません。

タケイ
平日の通勤はLINE、Instagram、Amazon Musicで通勤、休日は家でYouTubeなんて選び方もできますね。

注意点:通信速度が「最大3Mbpsまたは1Mbps」

注意が必要なのが、最大速度が「最大3Mbpsまたは1Mbps」となっていることです。

キャリアのように「1Gbps」のような高速通信にはなっていません。

とはいえ、3Mbpsでの利用可能な品質としては

  • YouTube 高画質HD720p
  • Netflix 標準画質(SD)
  • ABEMA 最高画質
  • Twitterの動画 HD画質
  • Spotify 最高音質
  • zoom 高品質ビデオグループ会議

となっています。

3Mbpsは動画、音楽、ビデオ通話サービスが快適に楽しめる速度です。

またお昼休みなど混雑による速度低下がありません。

スマホやChromebookで作業するといった分には十分な速度といえるでしょう。

タケイ
スマホだとアプリが選べるので「カスタムUプランも」いいですね。Chromebookで使う場合には「3Mbps」にしたほうが無難です。

donedoneの料金プラン

ちなみに料金プランは3つとなっています。

  音声通話+データ通信 データ通信専用
プラン名 ベーシックUプラン カスタムUプラン エントリープラン
初期費用 3,300円
※キャンペーンで無料
3,300円
※キャンペーンで無料
3,300円
基本料金 2,728円 2,728円 0円
最低利用期間/解約金 なし/0円 なし/0円 なし/0円
データ通信量 50GB 50GB 無制限
最大通信速度 最大3Mbps 最大1Mbps 最大128kbps
50GB超過時の速度 1Mbps 1Mbps
特徴 YouTubeもHD720pの高画質で楽しめる 対象の10アプリから
選んだ3つのアプリが
通信速度無制限

ベーシックUプラン

アプリを特定せずに使いたい人向けのプランです。

モバイルルータやテザリングでも使いたい場合に向いています。

「3Mbps」あればChromebookでも大丈夫。

以下のキャンペーンコードをコピペしておけば、初期費用3,300円が無料となります。

PBS129

カスタムUプラン

こちらはスマホで特定のアプリしかほとんど使わない人向けのプランですね。

たとえば

「YouTubeとSpotifyとTwitterだけは大量に高速でみたい」

という場合にピッタリ。

アプリの切り替えも瞬時でできるのもありがたい限りです。

こちらもキャンペーンコードをコピペしておけば、初期費用3,300円が無料となります。

PCS129

エントリープラン

面白いのがエントリープランですね。

かつてのPHS速度(128kbps)ながら月額が無料という太っ腹な内容になっています。

とはいえ、データ専用なので

  • ラズパイ専用
  • IoTで活用する専用SIM

などこだわりがありまくる人向けといえますね。

タケイ
基本はベーシックUプランでよろしいかと思います。3Mbpsあるのは安心です。

申込み、解約月の料金

サービス開始月の料金は「日割り」となっています。

解約月もおなじです。

月の途中解約でも「日割り」になるのはありがたいですね。

プラン変更は自由、かつ適用も即時

ちなみにdonedoneではプラン変更も自由。

即時で適用されるようになっています。

例えば

ベーシックだったけど、特定のアプリを制限無しで使える方がよかった」

なんて時も自由に変えられます。

タケイ
プラン変更が自由度なのはdondoneのすごさですね。即時はすごい!

donedoneの事務手数料、通話料金、SMS送信料

料金プランの他の諸費用は以下の通りです。

事務手数料

新規契約事務手数料 3,000円
(税込3,300円)
プラン変更手数料 不要
MNP転出手数料 不要
解約手数料 不要
SIM再発行事務手数料 3,000円
(税込3,300円)

通話料金・SMS送信料

国内通話 20円(税込22円) / 30秒
SMS送信料(国内) 3円(税込3.3円)/70文字

データ通信量以外は、至って普通。他サービスと変わらない水準となっています。

donedoneで利用できる支払い方法

支払い方法は「クレジットカードのみ」となっています。

利用可能なブランドは国内発行のJCB、VISA、Mastercard、American Express、Diners Club。

注意ポイント

デビットカード、プリペイド式のカード、電子マネー系カード、ハウスカード、海外で発行されたクレジットカードは利用できません。

donedoneの申込み方法と解約方法

donedoneの申込みは以下のサイトから行えます。

なお、申込みには以下の本人確認書類が必要です。

事前に用意しておきましょう。

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)(マイナンバー(個人番号)の記載がないこと
  • 在留カード
  • 健康保険被保険者証+補助書類
    公共料金領収書(都市ガス、電気、水道など)、住民票

解約は、公式アプリから行えます。

以下のアプリをインストールしておきましょう。

 

タケイ的まとめ サブブランドの容量では物足りない人にオススメ

以上、donedone(ドネドネ)について、魅力(メリット)と注意点の紹介でした!

最大速度にこそ制限があるとはいえ、

「50GBで3,000円以下」

というのは魅力的ですね。

3Mbpsあれば大体このことはできます。

サブブランドが「20GB」で横並びの中、倍以上の容量はありがたいです。

サブブランドの容量に物足りないと考えている人こそオススメの格安SIMといえるでしょう。

donedoneのキャンペーン情報

現在、新規も乗り替えも「10,000円キャッシュバック」キャンペーンを実施しています。

ベーシックUプラン、カスタムUプランなら

  • 初期費用3,300円が無料
  • 10,000円キャッシュバック

となっています。

キャッシュバック特典は、開通から、ベーシックUプランかカスタムUプランを6カ月間継続でもらえます。

トータル最初の半年間は実質5,500円ほど済む計算です。

非常にオトクなので、このキャンペーンを利用してみてください。

PBS129
ベーシックUプラン

PCS129
カスタムUプラン

 

タケイ
ほかにも実際に使ってみて便利、契約に無駄な縛りがない「格安SIM」を紹介しています。どれもオススメばかり。合わせて読んでみてください!

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-dondone, 格安SIM