Povo 格安SIM

[povo2.0]設定アプリでeSIMを再表示する方法

どうもpovo2.0ユーザのタケイ(@pcenfaom)です。

先日購入した「Pixel6 Pro」に2枚目のpovo2.0を設定しました。

手続きで「しまった!」となったのが「eSIM」の設定です。

「Pixel6 Pro」で申込み手続きをやってしまったのでQRコードを読み取れませんでした。

しかしながら、QRコードがないとeSIMの設定ができません。

この場合、再表示が必要です。

Pixel6でのeSIM設定方法

この場合の「povo2.0」アプリでeSIM設定用QRコードを再表示する方法を紹介します。

povo2.0アプリでeSIM設定用のQRコードを再表示する方法

まずは利用したいスマホでpovo2.0アプリを立ち上げます。

step
1
プロフィールを開く

アプリトップ画面の左上にある「ようこそ!」をクリック。

自分のプロフィールページを開きましょう。

プロフィール画面になるので「契約管理」をタップします。

step
2
eSIMの再発行

契約管理をタップすると「eSIM」の設定ボタンがあるのでタップ

 

そうするとスマホ設定用のQRコードが表示されます。

AndroidであればQRコードを読み込めば完了です。

ココに注意

iPadの場合、QRコードの読み込みだけでは使えません。

別途「APNプロファイ夫」の読み込みが必要です。

手順は以下で解説していますのでご確認ください。

👉 [使い方]iPadMini6で「Povo 2.0」のeSIMを設定する方法、注意点も紹介 - マック道場

povo2.0は6回線まで契約OK、スマホ、タブレット、Chromebook併用派の強い味方

以上、設定アプリでeSIMを再表示する方法の紹介でした!

povo2.0は発展途上なのか、アプリがこなれていません。

やってみてわかりましたが、

QRコードの再表示については説明がない

のはなんともくせ者です。

思わずQRコードを閉じてしまった人は

  • povo2.0アプリ トップ画面の「ようこそ」をタップ
  • 契約管理をタップ
  • eSIMの再表示

を試してみてください。

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-Povo, 格安SIM