ガジェット日記

[日記] 映像編集・ゲーミングパソコン用に「DAIV 5N(マウスコンピュータ)」を購入!決め手を紹介

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

2022年になって初めてパソコンを買いました。
購入したのは「DAIV 5N」。
国産メーカーの「マウスコンピュータ」が出しているクリエイター向けパソコンです。

きっかけは所有していたゲーミングパソコン「ガレリア」が故障です。
2021年頃からブルースクリーンが発生。
修理に出しても6万円という高額になったのもあり、思い切って買い替えました。

この記事では、なぜ

  • マウスコンピュータを選んだのか
  • DAIV 5Nを選んだ理由
  • DAIV 5Nに期待するところ

を紹介します。

マウスコンピュータにした理由

まずはメーカーから。
マウスコンピュータ
にしたのは、

  • サポートと修理拠点が国内にある
  • サポートのメニューが手厚かった
  • 納期が3日と早かった

のが大きかったです。

サポートと修理拠点が国内にある

買うに当たって「どこのパソコンにしようか」といろいろ悩んだのですが「国内製造・修理」は必須にしました。

というのも2年間で「グラボを積んだWindowsノートパソコンは壊れやすい」というのを嫌というほど体験。

実際にサポートを使うにも
「片言ではないフル日本語サポートが必須」
というのを嫌というほど実感したからです。

そうすると、購入先が「ドスパラ」か「マウスコンピュータ」となりますが、前に買ったパソコンがドスパラでしたので、目先を変える意味でも「マウスコンピュータ」にしてみました。

サポートメニューが手厚かった

「マウスコンピュータ」については、サポートニューが手厚かったというのも大きいです。

有料にはなりますが、偶発的な落下による故障、外部圧力による破損、水濡れ故障も保証してくれます。

ちなみに初めてゲーミングノートパソコンは、パーツに負荷がかかったのか2年弱で故障。
結局基盤交換となり6万円以上かかる羽目になりました。

この辺もサポートの手厚さが「マウスコンピュータ」に惹かれた理由ですね。

納期が3日と早かった

 

あとは納期です。
最初はAppleにしていたのですが、上海のロックダウンのため納期が不明になりました。

しかしマウスなら早い機種なら即日出荷。
私が購入した機種も3営業日で出荷となっていました。

パソコンはお金を払ったらすぐ使いたいもの。

納期の速さは魅力でした。

以上が「マウスコンピュータ」に決めた理由です。

Windowsパソコンもグラボを搭載していると、使い方もハードなため壊れやすいのがネック。
マウスは特にサポートが充実しているな感じて決めましたね。

「DAIV5N」にした理由

次になぜ色々ある中で「DAIV 5N」にしたのか?ですが、

  • 4k動画編集が快適にできるスペックな割に安い
  • ディスプレイの解像度が「2560×1,440」と高い
  • リフレッシュレートも165Hzとゲーミングパソコン並

なところが大きな理由です。

4k動画編集が快適にできるスペックの割に安い

今回、選んだスペックは以下のとおりです。

商品名 DAIV 5N」[ Windows 11 ] 単価(税別) \186,182
部品区分 構成部品名 合計(税別)
使用者 個人向け   -
OS Windows 11 Home 64ビット   -
CPU インテル(R) Core(TM) i7-11800H プロセッサー ( 8コア / 16スレッド / 2.30GHz [ 最大4.60GHz ] / 24MBキャッシュ )   -
メモリ 32GB メモリ [16GB×2 ( DDR4-3200 ) / デュアルチャネル ]   \17,900
SSD (M.2) 1TB NVM Express SSD ( M.2 PCI Express 接続 )   \9,900
カードリーダー UHS-I対応 microSDカードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )※UHS-II対応SDカードリーダーは「USB周辺機器」項目にて選択可能です   -
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU / GDDR6 6GB   -
LAN [オンボード]10/100/1000/2500BASE-T GigaBit-Ethernet LAN   -
無線LAN インテル(R) Wi-Fi 6 AX201 ( IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 ※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要 ) + Bluetooth 5 内蔵   -
マザーボード モバイル インテル(R) HM570 チップセット   -
ベースユニット DAIV 5N シリーズ ( WEBカメラ内蔵 )   -
液晶 WQHD 165Hz対応15.6型ワイド液晶パネル ( 2560×1440 / LEDバックライト / ノングレア )   -
サウンド ハイデフィニション・オーディオ   -
ノートPC用クーラー ・・・ ノートPC用クーラーなし   -
マウスパッド ・・・ マウスパッドなし   -
スピーカー ・・・ 外付けスピーカーなし   -
ウイルス対策・セキュリティソフト マカフィー リブセーフ ( 60日体験版 )   -
サポート [ 延長保証/PC本体 ] 3年間ピックアップ修理保証 + 安心パックサービス ( 即日修理 / 専用ダイヤル )   \17,000
電話サポート [ 24時間365日電話サポート ] 困った時はいつでもお電話いただけます   -
破損盗難保証サービス 破損盗難保証 レベル2 (保証限度額¥100,000-)   \9,000
J-Moss J-Mossマーク   -
その他 送料・手数料  \3,000
商品小計(税別)
 \242,982 
消費税(10%)
 \24,298 
合計(税込)
 \267,280 

4K動画編集を快適に行うには、

  • CPUはCore  i7が必須
  • メモリは32GBあったほうがいい
  • GPUもほぼ必須

が必要と調査してわかったのですが、それに準じたスペックであるのにも関わらず、ベースの価格は19万円ほど。
セールのおかげもあって安く買えました。

メモリを32GB、ストレージを1TBにカスタマイズしても23万円で済んだのが大きかったです。

サポートは3年保証+水濡れや落下でも10万円の修理代金まで補填してくれるプランに加入。
プラス2万円になりましたが、それでもコミコミ26万円。
この安さが決定打でした。

これがAppleのMacBook Pro(M1 Pro)だと35万円コース。
もともとAppleで検討していたせいか、安く感じられました。

ディスプレイの解像度が「2560×1,440」と高い

解像度がフル HD 以上、「2560×1440」なのも決め手として大きかったです。
おそらくこれが15.6インチでもフルHDだったら買わなかったとでしょう。
※フルHDだと特に目新しくもない。

紹介画像にもあるとおり「高ppi」画像や動画編集のときに効果絶大になること間違いなしと感じました。

リフレッシュレートも165Hzとゲーミングパソコン並

あとはリフレッシュレートがゲーミングパソコン以上なのも大きかったですね。

どうせRTX3060を積んでいるのなら、SteamやEpicのゲームもやりたくなります。
そんなときでもリフレッシュレートが「165Hz」なら快適そのもの。

この抜かりのなさも選んだポイントでした。

15日に到着予定!Adobe Premire Pro、Photoshopマシンとして期待

映像編集・ゲーミングパソコン用に「DAIV 5N(マウスコンピュータ)」を購入した決め手の紹介でした!

これから4K動画編集するのに、入門用として良いパソコンだと思います。
私としては「Adobe Premire Pro」「Photoshop」を快適に使えるマシンとして期待しています。
15.6インチかつフルHD以上という解像度なら快適に編集ができそうです。

ちなみに出荷は15日予定。

週末じっくり触ってまたレビューしてみようと思います。

 

  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-ガジェット日記
-,