OPPOシリーズ スマホ

【スマホ】DSDS端末が本格的になってきた。FREETELの極2。ナノSIMダブルの模様。

FREETELからもDSDS端末が発表されてました。これからのSIMフリー機のフラグシップはデュエルSIMが主流ですかね。

まずはスペック

スペック表

機種名
極2
OS Android6.0
ディスプレイ
5.7インチ(有機EL)
解像度
2560×1440
SIMサイズ
nano×nano
CPU
MediaTek Helio X20 MT6797 10コア
メモリ
4GB
ストレージ
64GB
メインカメラ 1600万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー容量 3400mAh
サイズ
157.2×77.5×7.2mm
重量
168g
価格
53,784円(税込み)
販売サイト
コスパはなかなか良い機種です。メモリは4GB、ストレージは64GBと大容量で使用していてストレスは感じないであろうスペックになっています。
あと魅力的なのが有機EL液晶なこと。写真とかすごく綺麗に見られそう。
それでいて税込み5万台なのでなかなかのコストパフォーマンスではないしょうか。
ただ、両SIMとものNanoSIMなのが痛いのは痛い(~o~)
Y!mobileのマイクロSIMとMVNOのNanoSIMで運用しようと思っていただけに、
極2でいくならSIMカットが必要になるんですよねえ。
マイクロSIMの道も残して欲しかったかも。キャリアでiPhoneを使っている人が行こうする分には良いのかな。
まだスマホは悩み中です。
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケイマコト 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。
他メディアにも寄稿しています。

■寄稿記事

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | bizSPA!フレッシュ

WindowsやMacより「Chromebookがテレワーク最強」な理由(タケイ マコト) | マネー現代


ライターとしてIT・ガジェット系記事も執筆中です!

武井誠 | BIGLOBEハンジョー

■レビュー、原稿依頼

レビュー依頼やご質問は以下にお願いします。
ツイッター
お問い合わせフォーム

-OPPOシリーズ, スマホ