レッツノート レッツノートニュース

[レッツノート]12.1型ディスプレイ搭載の2019年春モデル「SV8」が発売開始。目新しい機能は「モダンスタンバイ機能」

投稿日:

最近ご無沙汰なレッツノートです、裏ではしっかり使っています。2019年春モデルがパナソニックから発表になっていたのでメモしておきます。レッツノートの代名詞的な機種「12.1ディスプレイ搭載」のシリーズで「SV8」が1月25日に発売になります。目新しい機能は「モダンスタンバイ機能」ですね。

Windowsでモバイルパソコンを使うならやっぱりレッツノート

今回、新しく搭載された「モダンスタンバイ」がどういう機能かというと、PCをスリープ状態にしてもバックグラウンドで無線LANなどに接続し続ける機能で、Windows 8.1では「Instant Go」と呼ばれていた機能です。かつてレッツノートでも対応していた機種はあったのですが、SVシリーズは対応していませんでした。LTE搭載機種であれば、パソコンの蓋を閉じた状態にしておいても開いた瞬間に最新の通知が来ている状態になるということです。

薄型のバッテリー持ち時間が10時間なパソコンで搭載されても困ってしまいますが、21時間もつレッツノートなら実用的な機能になりそうです。

今回のモデルで一番スタンダードなのは

ノートパソコン(i7、ブラック、SSD512、LTE対応、ブルーレイディスクドライブ、Office2019搭載モデル) CF-SV8DFNQR

でしょうね。ストレージ512GB、メモリ8GB、LTE搭載対応、ブルーレイってことで。

長く使うつもりならメモリが「16GB」搭載されている

ノートパソコン(i5、シルバー、SSD256、メインメモリー16GB、LTE対応、スーパーマルチドライブ、Office2019搭載モデル) CF-SV8CFBQR

かなと。

お値段は250,000円前後と相変わらず高いですが(最近はマイクロソフト、アップルも同じくらいですけどね)、12.1型のノートパソコンで重さが900グラム台というのはレッツノートならではです。

一家に1台あってもいいかなとは思います。今月は「全機種10,000円引き」かつ型落ち機種は更に値引き中なので、購入するには良いタイミングです。>新機種が発売する3週間前は公式サイトで底値を記録する時期。

レッツノート公式サイト

大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月100GB 3800円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

月100GBプランを利用中。容量が多いので不意のWindows Updateも余裕w

なにより回線速度がソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定しているのが何より魅力です。

モバイルパソコンを外で利用する人にとってもおすすめなサービスです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-レッツノート, レッツノートニュース

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2019 All Rights Reserved.