Apple レビュー

[MacBook Air M1(2020)レビュー]ブログ、画像・映像編集にピッタリ!起動も超早い極上モバイルパソコン

https://pcefan.com/diary

どうも2020年になってからガジェット周りがAppleまみれになってきたタケイ(@pcefancom)です。

今回は「MacBook Air M1(2020)レビュー」をお送りします。

現在のメインモバイルノートは「Chromebook」。ですが「MacBook Air」も使い始めてもうじき2ヶ月。もはやモバイル生活に必須なくらいな存在になっています。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥109,501 (2021/03/06 18:20:29時点 Amazon調べ-詳細)

普段はChromebookを使っているユーザの視点からのレビューとして、

  • 二ヶ月使って感じたMacBook Air(M1 2020)の魅力
  • MacBook Air(M1 2020)の改善点
  • MacBook Air(M1 2020)こんな人にオススメ

なところを紹介します。

MacBook Air M1(2020)とは

アップリオリジナルのSoCを搭載した新しいタイプの「MacBook Air」です。

いまさら説明不要ですがレベルですが、SoCがAppleお手製になってとにかく爆速になりました。Intel製アプリも含めてほとんどのアプリがこれまでのIntelなMacBook Airよりも軽快に動きます。

それでいて価格はこれまでのMacBook Airの中でも最安値レベル。まさしく「神コスパ」なモバイルノートパソコンです。

MacBook Air(M1 2020)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥109,501 (2021/03/06 18:20:29時点 Amazon調べ-詳細)

MacBook Air M1(2020)のスペック

購入したのはいわゆる「つるし」のMacBook Air。GPUが7コアの8GB、ストレージは256GBのものを買いました。

モデル名 MacBook Air(M1 2020)
SoC Apple M1チップ 8コアCPU、7コアGPU/8コアCPU、8コアGPU
メモリ 8GB/16GB ユニファイドメモリ(LPDDR4)
ディスプレイ 13.3インチ、2,560 × 1,600ピクセル、400ニトの輝度、True Toneテクノロジー、広色域(P3)
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
内蔵ストレージ 256GB M.2 NVMe™ PCIe® 3.0 SSD
無線LAN Wi-Fi
802.11ax Wi-Fi 6ワイヤレスネットワーク接続
IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応
Bluetooth
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
インターフェース 2つのThunderbolt / USB 4ポートで以下に対応:

充電
DisplayPort
Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
ヘッドフォン

ステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ
3.5mmヘッドフォンジャック

生体認証 指紋認証
本体サイズ 高さ:0.41~1.61 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
バッテリー 最大15時間のワイヤレスインターネット
最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
30W USB-C電源アダプタ
質量(重さ) 1.29 kg
価格 104,800円(税別)〜

スペックの注目ポイントは「SoC」と「バッテリー」ですね。

M1チップになったことでパソコン体験がどんな風に変わるのか?を知りたくなった人はたくさんだと思います。実用面でもファンレスパソコンでバッテリーが最大15時間というのは頼もしいです。これまでのMacBook Airはあまりにも少なすぎました(10時間程度)。

それでいて価格が「104,800円(税別)」とは恐れ入るばかりです。

二ヶ月使って感じたMacBook Air(M1 2020)の魅力(メリット)

それでは、実際に二ヶ月使ってみて感じた「MacBook Air(M1 2020)の魅力(メリット)」を紹介します。

ATOK Passport Proでの日本語入力が超快適

M1なChromebookでもしっかりATOKが動きます。しかもライブ変換もOKなので日本語入力も快適です。

macOS純正のIMEよりも確実に上。はてなで人気のワードも変換辞書にリアルタイムで入ってくるので、最新用語もすぐに反映してくれます。ChromebookではIMEがGoogle日本語入力に限られているだけに、余計快適に感じました。

日本語入力の快適さはChromebook、macOS、Windowsの中では一番ですね。

MacBook Airでの日本語入力

ATOKでの日本語入力も快適

「シザーキーボード」も打ち心地(打鍵感)がナイス

今回MacBook Airに手を出したのもキーボードが「シザーキーボード」になったのが大きいです。店頭で試していただけですが「バタフライキーボード」は全くもってあいませんでした。

キーストロークは深い方が好み(ノートで一番スキなのはレッツノートSVシリーズのもの)なのでで、バタフライキーボードは全くの対極。

まさしく「お金を出してまで買いたくない」ものでした。

これに対して「シザーキーボード」はすごくChromebookライク。打鍵感がしっかり伝わるつくりになっていますね。

MacBook Air(M1)のキーボード

シザーキーボードは打鍵感もちょうど良し

MacBook AirとChromebook

打鍵感はプレミアムなChromebook(Pixelbook、Galaxy Chromebook)に似ている

あとは何気に「逆T型」のカーソルキーは必須なのでこれもありがたかったですね。

MacBook Air(M1)

MacBook Air(M1)のカーソルキーは逆T字型

「Lightroom」「Luminar4」「Officeアプリ」が快適に動作

豊富なmacOS用のアプリが使えるのはやはり便利は便利ですね。特に画像編集だと「Lightroom」「Luminar4」が使えるのは本当に便利。画像編集はローカルだと通信によるオーバーヘッドがないので快適そのもの。

動作も第8世代などのCorei7なパソコンよりもよっぽどスムーズ。画像や映像、Officeを限りなく素早くかつモバイルでやりたい人は、これ目的のためだけに買っても良いくらいです。

MacBook Air(M1)でLuminar4も快適動作

「iPad」「Apple Watch」との一体感が「超快適」

さすが同じ会社が作っているだけあって「iPad」や「Apple Watch」との一体感は極上です。これはChromebook+Pixel以上の快適さ。

iPadをサブディスプレイ化する「サイドカー」は何の設定もなしに使えますし、カフェでもどこでも簡単に2画面化できてしまいます。2画面にするのにケーブルとアプリいらずなのがなにより便利です。

iPadProでサイドカー

サイドカーを使っているところ。ケーブルで繋がなくていいのは楽。

あと一番は「Apple Watch」での画面ロック解除ですね。Apple Watchをつけていれば、自動で画面ロック解除、しかも一瞬で解除してくれるのはありがたい限りです。

作業に取りかかれる速度は「Chromebook」とほぼ同等。ポメラ並みの速さにはやみつきになりました。

Zoomで4時間、YouTubeを5時間見ても60%しか減らないバッテリー

バッテリー性能も超優秀なのも魅力ですね。本当にスペック通りのバッテリー保ちでした。

下の画像は今週のバッテリーしよう状況。赤枠で囲ってある土曜日は「Zoomを4時間」「YouTube5時間」な日でした。

それでもバッテリーの減りは60%程度でした。残り40%、時間にして6時間保つ計算です。

MacBook Air(M1,2020)のバッテリー

1日フルに使っていても電源いらずなのには恐れ入りました。M1チップの真骨頂というところでしょうか。

macOSに関しては「Intel製を使いたい」とは思わなくなりましたね。

ココがおすすめ

  • ATOK Passport Proでの日本語入力が超快適
  • 「シザーキーボード」も打ち心地(打鍵感)がナイス
  • 「Lightroom」「Luminar4」「Officeアプリ」が快適に動作
  • 「iPad」「Apple Watch」との一体感が「超快適」
  • Zoomで4時間、YouTubeを5時間見ても60%しか減らないバッテリー

MacBook Air M1(2020)の改善点

次に改善点。「ここはいただけない」という点もあげてみます。

USBポートが「本体左側」だけで取り回しが良くない

ポート構成は物理的にいけてません。USBのポートが2つと最低限なのもそうですが、問題なのが「ポートがあるのは左側だけ」ところ。なんというか不快極まります。

特にテーブルが狭いカフェだとケーブルの取り回しが大変。左側に物が置けない場所では拡張性が著しく減ります。次のモデルでは是非両側につけてほしいものです。

M1 MacBook Airの本体右側

iOSアプリがほとんど使い物にならない

iOSアプリ対応が発表されたときに話題になりましたが、現状は「名前倒れ」な状況です。

まず対応アプリが少ないです。元々macOS用になくてiOS版しかないアプリが少ないのもありますが、それ以上にメジャーどころに対応アプリが皆無。

スマホ限定機能が多い「インスタ」「メルカリ」もないですし、ニュース系アプリも壊滅。また「Chromebook」のように画面タッチ機能もないので、どうにかインストールして使っても不便にしか感じませんでした。

MacBook AirでのiOSアプリはベータ版といったところですね。結局、入れて使い続けているアプリは「ゼロ」の状態です。

くれぐれも

「iPhoneのように使える!」

とか期待するのはやめておきましょう。

M1 MacBook Airでのモバイルアプリ事情

ココに注意

  • USBポートが「本体左側」だけで取り回しが良くない
  • iOSアプリがほとんど使い物にならない

モバイルでブログ、映像・画像編集をリッチにやりたい人に「神コスパ」パソコン

現在、MacBook Air(M1)ですが自宅ではChromebookと併用中です。

今回のレビューのようにがっつり文章を作りたいときは、ATOKがあると便利なのでもっぱら「MacBook Air」となりました。
(作った後のブラウザ作業はChromebookのほうが早いので切り替えることが多い)

他にはカフェでがっつり画像、映像編集したいときもMacBook Airです。「Luminar4」「Lightroom」など高機能な画像編集アプリがが使えるのはたまらなく便利。

MacBook AirとGalaxy Chromebook

MacBook AirとGalaxy Chromebook。どちらも極上のChromebook

タケイ
出先でやるのが「ブラウザ作業だけ」なときはChromebookで十分なのでその時は置いてってます。

12月に衝動的に購入したわけですが、トータルからしてみても本当に買って良かったです。

Chromebook並にmacOSが好きになりましたね。とにかく操作で突っかかることがないのが素晴らしすぎ!

とにかく

「思い立ったらすぐに使える」

のがいいです。

しかも、PhotoshopだったりLightroomといったリッチなアプリも快適に動く。今後はモバイルアプリの動作も期待ができる。そんなパソコンです。

限りなくスマホに近いパソコンは「Chromebook」ですが、そこから一歩レガシーなパソコン側に寄ったモデルというか。

いよいよAppleもスマホ全盛の時代にあった出してきたんだなーという感じです。

そんな面白くも高性能なパソコンが10万円名ワケですから。「神コスパ」としか言いようがありません。

  • どうしてもモバイルノートパソコンは1台にしぼりたい
  • どこでも画像・映像編集をやりたい
  • ローカル作業快適なノートパソコンがほしい

という方にはオススメです。

これからのモバイルノートは「MacBook」「Chromebook」があれば万事解決だなと感じました。

こんな方におすすめ

  • モバイルノートパソコンは1台にしぼりたい
  • どこでも画像・映像編集をやりたい
  • ローカル作業快適なノートパソコンがほしい
created by Rinker
Apple(アップル)
¥109,501 (2021/03/06 18:20:29時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Apple, レビュー

© 2021 タケマコブログ