Chromebook Chromebookまとめ 拡張機能・アプリ紹介

[Chromebook]「LibreOffice」を「Chromebook(box)」にインストールする方法

おはようございます。タケイ(@pcefancom)です。

昨日ツイートを眺めていたら、LibreOfficeはChromebookで動くという発言を見かけました。

Chromebookでも完全オフラインでOfficeファイルをいじられる環境ができるのは面白い!

と思ったので、実際にインストールしてみました。

なので以下、「LibreOffice」を「Chromebook(box)」にインストールする方法をメモしておきます。

インストール・起動はChromebookのLinuxアプリから

インストールして起動するまでは大体30分ほどでした。

ちなみにファイルのダウンロードに数百MBかかるのでWi-Fi環境での作業をおすすめします。

手順1 Linuxを起動して/tmpなどに移動する

「LibreOffice」はLinuxアプリなので、インストール作業もLinuxアプリから行います。

ちなみにLinuxの起動は「Linuxアプリ」をタップします。

※Linux自体を有効化していない人は、OS設定からLinuxを有効化しましょう

Chromebook で Linux(ベータ版)をセットアップする - Chromebook ヘルプ
https://support.google.com/chromebook/answer/9145439?hl=ja

Linuxを起動したらターミナル上で、ファイルをダウンロードするフォルダに移動。

ファイルをダウンロードします。

フォルダの移動

cd /tmp

ファイルのダウンロード

wget http://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/6.3.2/deb/x86_64/LibreOffice_6.3.2_Linux_x86-64_deb.tar.gz

ちなみに執筆時点での最新版は6.3.2でした。

作業時の最新版は以下から確認できます。

stable以降のリンクは修正してください。

http://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/

ファイルの解凍とインストール

ダウンロードが終わったら、ファイルの解凍。

解凍が終わったらインストールです。DEBSフォルダまで移動してインストール。

dpkg -i というのがインストールコマンドです。

tar -zxvf LibreOffice_6.3.2_Linux_x86-64_deb.tar.gz
cd LibreOffice_6.0.5.2_Linux_x86-64_deb/
cd DEBS/
sudo dpkg -i *deb

LibreOfficeの起動

起動はLinuxアプリ上で以下のコマンドを打ちます。

libreoffice6.3

起動コマンドを打つと、アプリが起動します。

以下はスプレッドシートを起動したところ。

ウィンドウも可変で快適に使えました!

「Chromebook」でオフラインで手軽にOffice作業するのにおすすめ

LibreOfficeを小一時間使ってみましたが、

Chromebookで手軽にオフラインでもOffice作業ができるようになるのがいいですね。

Androidアプリなどだとどうしても操作性に難がありますし。

ブラウザでなくウィンドウで作業できるのは快適です。

Chromebookをオフラインでより活用するためにインストールしておくのは「あり」だと思います。

作業も簡単なので気になった方はぜひトライしてみてください!

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、 当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, Chromebookまとめ, 拡張機能・アプリ紹介

Copyright© タケマコブログ , 2019 All Rights Reserved.