Chromebook Chromebookの最新モデル

[選び方]Chromebookの種類について[クラムシェル・2IN1…etc]

Chromebookには「Windows」と同様クラムシェル以外にもいろいろな種類があります。

この記事ではChromebookの種類について紹介します。

Chromebook選びの参考になったら嬉しいです。

記事のポイント

  • Chromebookの種類一覧
  • 種類別に特徴を解説
  • オススメのChromebookを種類別に紹介

Chromebookの種類について

Chromebookの種類は、執筆時点(2020年1月時点)で以下の種類が発売されています。

メインはクラムシェルとコンバーチブル、そのほかいくつかタブレット、デタッチャブルタイプが発売されています。

Chromebookのタイプ一覧
タイプ 特徴
クラムシェル型 ・ノートパソコンタイプ
・180度開く液晶
・ノングレア液晶がおおい
コンバーチブル型(2in1) ・タブレットとしてもつかえる
・360度回転する液晶
・手書き入力にも対応
タブレット型 ・いわゆる「iPad」タイプ
・手書き入力に対応
デタッチャブル型 ・いわゆる「SurfacePro」タイプ
・専用キーボード標準装備
・手書き入力に対応
デスクトップ型 ・いわゆる「MacMini」タイプ
・メモリ、ストレージの増設が可能
・省スペース
ディスプレイ一体型 ・いわゆる「iMac」タイプ
・ディスプレイ、キーボード、マウスがすべてセット

6種類が現時点では6種類が販売中。それぞれ具体的にみていきましょう。

クラムシェル型

Chromebookで定番の種類です。各メーカーの主力タイプとなっています。

液晶タイプがノングレアなのが特徴で、ビジネス利用にあう種類といえますね。

[amazonjs asin="B07RXZXNHQ" locale="JP" title="Lenovo ノートパソコン Chromebook S330(14インチFHD MT8173 4GBメモリ 64GB )"]

コンバーチブル型(2 in 1)

360度液晶が回転する種類です。

ノートパソコン、タブレットの1台2役をこなしてくれる万能タイプ。

オールインワンな分、クラムシェル型より重めでし

手書き入力にも対応しているのもこの種類ですね。

パソコン・タブレットを1台にまとめたい人にオススメです。

Sペン対応が魅力。EMRペンなのでしょうか?

タブレット型

2018年から出始めたのが「タブレット」型。AcerとASUSから1台ずつ出ています。

デフォルトで手書き入力に対応、iPadライクな外観。

にも関わらずフル機能のChromeブラウザが使えるのが特徴です。

タブレット派だけどパソコンライクにブラウザは使いたい人にオススメです。

[amazonjs asin="B07TS5VPTW" locale="JP" title="ASUS Chromebook Tablet CT100PA (OP1 Hexa-core/4GB・eMMC 32GB/Mali-T860MP4)【日本正規代理店品】CT100PA-AW0010"]

デタッチャブル型

いわゆる「SurfacePro」のChromebook版ですね。

このタイプはちょっとレア。日本ではHPからのみでています。

Googleから「PixelSlate」がでていますが、日本では未発売です。

2020年前半にLenovoからも発売が予定されています。

今後の動きに期待のモデルですね。

[2020春モデル]『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook 』279ドルで買える「Surface Go」なモデルを発表

CES2020でLenovoから発表された新モデルは2機種。 タブレットと2in1モデルです。 本記事では「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook 」のスペック、注目ポイントをみ ...

続きを見る

デスクトップ型

いわゆるMacMINIのChromebook版です、デスクトップ型はAcerからChromeboxが販売されています。

コンパクトなのが特徴。メモリやストレージを増設できるのもこのタイプの特徴です。

Chromebox

省スペースで使いやすさは抜群

ディスプレイ一体型

「iMac」のChromebook版です。

一体型も非常に影が薄いですが日本でもでています。

Acerから1モデルだけ販売されていますが、販路はネットだけ。

展示会でだけみかける幻のモデルになっています。

GoogleCloudNext2019でも次期モデル展示中でした。

タケイ
各タイプの紹介でした。好みのモデルは有りましたか?最後にタイプ別のオススメを紹介します!

タイプ別 オススメのモデルを紹介

クラムシェル型のオススメ

ASUS Chromebook C204MA (C204MA-BU0030)

icon icon
スペック
  • CPU:Celeron プロセッサー N4000
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • 重さ:1.2kg
  • ディスプレイ:11.6型(1366×768)

ポイント

  • ノングレア液晶を搭載
  • MILスペックに準拠した堅牢性の高さ
  • 13時間のロングバッテリー

ASUS製のクラムシェルは、スペックと価格のバランスがいいです。

  • MILスペック搭載
  • 180度回転液晶
  • 13時間のバッテリー

を保ちながら、定価ベースで42,800円。

最初の1台にクラムシェルを選ぶときにはもってこいのモデルです。

コンパ−チブル型のオススメ

Lenovo 500e Chromebook(2018年モデル)

スペック
  • CPU:Celeron プロセッサー N3450
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • 重さ:1.32kg
  • ディスプレイ:11.6型(1366×768)

ポイント

  • MILスペック準拠の高い堅牢性
  • 本体内蔵型のEMRペンを搭載
  • 買いやすい価格(実売40,000円以下)

2018年に出たモデルですが、

  • MILスペック対応
  • EMRペン入力対応

しているのに40,000円切りとコストパフォーマンスに優れています。`

他メーカーは型落ちでも50,000円前後。

コスパはナンバーワンです。

私も2019年11月にゲットしました。愛用中です。

[Lenovo Chromebook 500eレビュー]一週間使い込んでみてのリアルな感想

9月28日に発注して、納期が遅れまくっていた 『Lenovo Chromebook 500e』 が11月9日に納品されました。。。! 早速、土日で使ってみましたので、そこで感じたリアルな感想を紹介しま ...

続きを見る

タブレット型のオススメ

ASUS Chromebook Tablet CT100PA (CT100PA-AW0010)

icon icon
スペック
  • CPU:OP1 Hexa-core(デュアルコアARM® Cortex®-A72+クアッドコアARM® Cortex®-A53)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • 重さ:0.51kg
  • ディスプレイ:9.7型(2,048×1,536)

ポイント

  • タブレットタイプ
  • スタイラス(EMR)に対応
  • マット加工の持ちやすいボディ

ビックカメラ、ASUS Store 赤坂など展示も多いので実際に試しやすいです。

表面をマット加工しており、他メーカーのものより持ちやすいのもオススメの理由です。

デタッチャブル型のオススメ

HP Chromebook x2

icon icon
スペック
  • CPU:Pentium® プロセッサー 4415Y/Core™ m3-7Y30 /Core™ i5-7Y54 
  • メモリ:4GB/ 8GB
  • ストレージ:32GB/64GB
  • 重さ:1.43kg
  • ディスプレイ:12.3型(2400×1600)

ポイント

  • デタッチャブル型のChromebook
  • AES形式のペンを搭載
  • 高解像度(2400×1600)のディスプレイ

オススメというか、正式に国内販売されているのはこのモデルのみです。

重さが気になりますがスペックは上々。

値引きセールもよくやっているので「Surface」が好きな方は検討してみてください。

デスクトップ型のオススメ

[amazonjs asin="B07M9KRF5X" locale="JP" title="Acer CXI3-F38P CXI3-F38P (Chromebox/Chrome OS/コンパクト/Core i3-8130U/8GB/64GB SSD/ドライブなし/キーボード、マウス付属/1年保証)"]

AcerとASUS から販売されています。

オススメはAcerモデル。ChromeOS用キーボードとマウスが付属してきます。

なにげにレアアイテムだったり。

私も愛用しています。

ChromeOS用キーボードが付属

デスクトップ一体型のオススメ

あえておすすめするとしたら「Chromebase CA24V2」にしましょう。
※こちらの更新期限は2025年6月です

性能はCorei7が載っており、ハイスペックです。

見た目も非常にスタイリッシュでした。

Amazon.comから日本への直送は可能となっています。

日本で個人用で出るのか?かなり怪しいところが悩ましいですね。。。

GoogleCloudNextでも次期モデル展示中でした。

まとめ 初めての人は「クラムシェル」「コンパ−チブル」がオススメ

以上、Chromebookにはどんなタイプがあるのか?のまとめでした!

Chromebookも、2018年以降バリエーションは他OSに劣らない構成になりました。

あなたがの選ぶモデルが初めてのChromebookなら「クラムシェル」「コンパ−チブル」がオススメです。

メインかつ売れ筋のモデルなので。

他のタイプはまだまだ癖がありいきなり選ぶと後悔するかもしれません(笑)

タケイ
当ブログでは他にも用途別でオススメのモデルを紹介しています。 良かったら読んでみてくださいね!
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebookの最新モデル

© 2021 タケマコブログ