Y!mobile 格安SIM

[ワイモバイル]データを使い切った後の通信速度が「128kbps→1Mbps」にアップ!7月1日から

どうも、格安SIMを3回線使いまわしているタケイ(@pcefancom)です。

ワイモバイルで通信速度の改善が発表されました。

データを使い切った後の通信速度が「128kbps→1Mbps」にアップするそうです!

以下、詳細をみていきます。

ワイモバイルの通信速度の改善は7月1日から

今回発表された内容は以下のようになっています。

大きなトピックはギガを使い切ったあとの「最低通信速度」の変化。なんと「128kbps」から「1Mbps」に改定されます。

また、「スマホベーシックプランM」の月間の高速データ通信容量が9GBから10GBに増加。

契約済みのユーザにも適用されるとのことです。

変更となる料金プラン

速度がアップになる料金プランは「スマホベーシックプランM/R」のみとなります。

改定される料金プラン

  • スマホベーシックプランM
  • スマホベーシックプランR

※「スマホベーシックプランS」は対象外。ギガを使い切った場合の速度は128kbps

改定後のそれぞれのプラン料金は以下のようになります。

最低速度が1Mbpsとなったのは大きいですね。

ギガを使い切った後でもYoutubeが楽しめる速度になりました。

  ベーシックプランS ベーシックプランM ベーシックプランR
通信容量 3GB 10GB
※1GB増量
14GB
ギガを使い切った後の速度 最大128kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
料金 2,948円(税込み) 4,048円(税込み) 5,148円(税込み)

今回の改定は、UQ mobileと楽天モバイルのプランに対抗してきた形ですね。

目玉はベーシックプランMですね。

月10ギガ、最低速度1MbpsとUQ mobileとまるっきり同じにしてきました。

楽天、UQ mobileの料金(月3,278円)に比べて「770円」高いです。

とはいえ、ヤフープレミアム(508円)や雑誌読み放題(400円)など付随サービスを含めるとお得なのは確か。

ワイモバイルのみ通話料も10分以内までは無料なので、音声通話が多い人にどうにかオススメできる内容になりました。

ちなみに私は「スマホプランL」を契約中。

なんの旨味もないのでこの機会にベーシックプランRに変更する予定です。

スマホプランを契約中の方は、この機会にベーシックプランに変更してみてはいかがでしょうか?

今後のスマホ料金は「2,980円」がベースになりそう

楽天アンリミットの登場から2ヶ月。

一気にUQ mobileやワイモバイルなどサブブランド間の競争が激化しましたね。

このような現象はユーザとしてはありがたい限りです。

今後は「2,980円」という価格がベースになっていきそうです。

なお「月2980円で使える格安SIMの比較記事」を作っていますので、よかったら読んでください!

タケイ
劣勢に立たされている格安SIM勢が6月以降どう展開してくるのか?ウオッチングしていこうと思います。
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Y!mobile, 格安SIM

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.