Chromebook Chromebookの話題 Chromebookニュース(2020年)

[話題]Chromebook(クロームブック)でWindows--「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」が改めて話題

どうもChromebookマニアのタケイ(@pcefancom)です。

2020年秋からChromebook(クロームブック)でOfficeをはじめとした「Windowsアプリ」を動かせるとするニュースが改めて話題になっています。

改めて「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」とはなんなのか?チェックしていきます。

ChromebookでWindowsアプリが動く--ParallelsがChrome OS向け仮想ソフトを発売へ - CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35158407/

ポイント

  • 「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を2020年秋より提供
  • Windows搭載PCと同等の機能を備え、「Microsoft Office」などのアプリをそのまま利用可能
  • オフライン環境でも動く
  • 起動することなく、Windows仮想マシンとChrome OS環境を切り替えが可能
  • 動作対象は「Chrome Enterprise」に登録しているChromebook

タケイ
以下、詳細が気になる方は続きをお読みください!

「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」とは

「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」は、Chromebook上に仮想的なWindows環境を構築するアプリケーションです。

ParallelsといえばmacOSでWindowsを動かす「Parallels Desktop  for Mac」が有名ですが、まさにそのChromebook版といえます。

機能もMAC版と同様となっていて「Microsoft Office」などのアプリがそのまま利用可能。

Chromebookはインターネット接続が前提になっていますが、なんと「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」は、オフライン環境でも動くようになっているとのことです。

また、Chromebookを再起動することなく、Windows仮想マシンとChrome OS環境を切り替えもできるとのこと。

仮想デスクトップはWSUSやSCCMでの管理も可能、Windowsイメージの配布やリモート管理などに対応しているそうです。

ライトユースの社員は「Chromebook」でよくなる可能性大

Chromebookを企業ユースで使うときの悩みというと「端末管理がWindowsとは全く別になる」こと。

Active DirectoryやSCCMで管理できなかったため、情シスの手間は増えていました。

また「レガシーなOfficeファイルを使うのは必須」「ADユーザーでファイルサーバにアクセスするのは外せない」となるとChromeOSでは力不足。

普及の足かせになっていたのは事実です。

そこからローカルで「Windows」が動くとなると、その足かせがなくなります。

「シンクライアント」としてはChromebookはコスパがいいだけに、

  • 社員のパソコンはすべてシンクライアントがいい
  • ほとんどの業務はブラウザがあればすむ
  • 必要に応じてWindowsを使わせるくらいでいい

という会社にはものすごくフィットしそう。

起動することなく、Windows仮想マシンとChrome OS環境を切り替えが可能というのも実用的です。

「Chromebook Enterprise」ってなに?

この話題で繰り返しでてくる「Chrome Enterprise」とはなんなのか?についてです。

そもそも「Chrome Enterprise」は企業向けの端末管理サービスです。

主な機能は「Chromebookの端末管理」と「GSuiteアカウント管理」。

Chromebookに対してはインベントリやブラウザの操作、アプリのインストール管理などが行えます。

管理はすべてウェブブラウザで行えるようになっています。

Chrome Enterpriseのイメージ

Chrome Enterpriseのページ
https://accounts.google.com/

「Chrome Enterprise」は個人モデルでも利用可能

間違いがちなのが、個人モデルとは別に「ChromeEnterprise専用モデル」を買わないといけないと考えてしまうことです。

「Chrome Enterprise」は個人モデルでも利用可能です。

たとえば今使っている機種を「ChromebookEnterprise」化することもできます。

※「Chrome Enterprise化」するパワーウオッシュする必要はありますが。

またGSuiteに加入しているアカウントがあれば、個人でも1アカウントから申込み可能です。

ちなみに価格は1台あたり買い切りで21,000円、サブスク型で年額7,000円となっています。

Chrome Enterprise  |  Google Cloud
https://cloud.google.com/chrome-enterprise/?hl=ja

個人でも十分利用可能ですので、ChromebookでWindowsに興味がある人はサービスインしたら「GSuite」に加入して使ってみるのもいいですね。

タケイ
私は1人GSuiteですが、使ってみようと思っています(笑)
  • この記事を書いた人

たけいまこと

名前:タケマコ 埼玉県在住のサラリーマン。Chromebook(クロームブック)の魅力を広めるために勝手に活動する「Chromebookマニア」です。パソコン7割(Chromebook、レッツノート、マウスコンピュータ)、ガジェット3割(デジタル手書き、スマホ)でやってます。 レビュー依頼やご質問はお気軽に、ツイッターお問い合わせフォームまで!

-Chromebook, Chromebookの話題, Chromebookニュース(2020年)

Copyright© タケマコブログ , 2020 All Rights Reserved.