Androidスマホ スマホ スマホネタ

[スマホ]30,000円台で「SIMフリー」「防水」「おサイフケータイ」搭載!『OPPO RenoA』のコスパはすごい

おサイフケータイのロゴがいい感じ

今日(2019年10月8日)、「ひかりTVショッピング」さん主催の『OPPO RenoA』の新製品発表イベント

「最新スマホがもらえる!OPPO×ひかりTVショッピング共催のタッチ&トライイベント」

に行ってきました!

発表されてから早くも「高コスパスマホ」の呼び声が高い『OPPO RenoA』を2時間しっかりよタッチアンドトライしてきましたので、私なりに感じた

「グッドなポイント」

を中心にイベントならではの

「オトクな販売情報」

について紹介していきます。

『OPPO RenoA』のすごいところ 色々とコスパがすごい

税込み30,000円台なのに「SIMフリー(DSDV)」「防水/防滴(IP7)」「おサイフケータイ」搭載

『OPPO RenoA』について感心したところは、徹底的に機能を日本市場向けにカスタマイズした上で、価格を買いやすい価格に設定してきたところです。

  • SIMフリー(DSDV)
  • おサイフケータイ(FeliCa)を搭載
  • 防水、防塵に対応(IPX7=30秒水に沈んでも問題なし)

とハイエンドスマホにのるような機能がてんこ盛りなのに、

定価が「39,380円」

と40,000円を切っています。これは率直に驚きました。

しかもスペック的にはミドルレンジ。

SoCこそミドルレンジの「スナップドラゴン710」ですが、

  • メモリは6GB
  • ストレージは64GB(マイクロSDカードで256GBに拡張可能)
  • 液晶は有機EL
  • 画面指紋認証搭載
  • インカメラが2500万画素

と他のスペックはほぼハイエンドスマホと同様となっています。

お世辞抜きに「おサイフケータイ」搭載スマホで、スタート価格が30,000円台というのは初ではないでしょうか?

見た目もハイエンドスマホチックですし。

OPPOさん、頑張ったなあと、本当に感じました。

ミドルレンジには見えない外観

おサイフケータイのロゴがいい感じ

他にも

  • ノッチは水滴型とできる限り小型
  • 画面占有率は91%

と最新トレンドも取り込んでいたりと、スペック的には抜かりのないスマホとなっていました。

ノッチは限りなく小さかったです。

インカメラ(内カメラ)のきれいに撮れる度がすごい

スペックの他に実用して感心したのが

「カメラの実用度の高さ」

です。

イベントの中で、ゲストにインフルエンサーなえなのさん」を迎えての『OPPO RenoA』を使った自撮り講座があったのですが、そこで

「インカメラ(内カメ)の盛れる具合がすごい」

ということが理解できました。
※若い人はインカメラのことを内カメ、アウトカメラのことを外カメというそうです。

普通のスマホは内カメの性能って低いのが普通ですが、『OPPO RenoA』では逆。

メインカメラが「1600万画素」なのに対して、インカメラは「2400漫画そ」となっています。

その上、「AIビューティモード」がものすごくて

  • 美肌
  • ほっそり顔
  • 小顔
  • デカ目
  • 小鼻
  • タッチアップ
  • 3D

といろいろな項目で「盛れる」ようになっています(笑)

しかもポートレートモードにしていても「AIビューティモード」を起動できるなど、セルフィー機能はまさに「いたれりつくせり」。

セルフィーに「これ以上求めてどうするの?」というくらいに充実していました。

インスタとかで自撮りする方には、これ以上ない便利なスマホじゃないか?と感じましたね。

多彩すぎる設定項目

18歳のインフルエンサー

左がAIビューティ。
どっちも美人でしたが。

おっさんもキレイに撮れましたw

OPPOは各国でローカライズに力を入れていて

・日本にスマホ研究施設があり、横浜で開発。

・カメラ機能は特に力を入れている

・髪と輪郭、美顔モードが入れたりなどニーズを研究

しているとあったのですが、まさに説得力があるでき具合でした。

惜しげもなく

「その国で必要とされている機能を投入する」

これを実践できているのメーカーこそ「OPPO」なのかと感じさせてくれました。

セルフィーでインスタな方には、ぜひ使ってみてほしいですね。

マクロ写真がすごい!接写距離はPixelやGalaxyよりも遥かに短くて優秀

自撮りの後はイベントであった美味しい食事を、バシャバシャと撮ったのですが、その中でとくに感心したのが

「マクロ性能」

です。

とにかく被写体によれます。数センチのところまでOK。

しかも寄ると自動的に「マクロモード」になってくれる有能さ。

手元のPixel3やGalaxyNote8よりも倍近く寄れる感覚でした。

寄ってみたところ

かなりマクロチックな写真が撮れます。

スマホで「花」や「食べ物」など接写して撮る方が多い人はマクロモードだけでも購入する価値はあるんじゃないでしょうか。

個人的には一番びっくりしたところでした。

以上2時間触ってみての感想でした!

おサイフケータイにセルフィーに使い勝手はハイエンド、なのに価格はミドル、そんなスマホでした。

個人的にはPixel3などの次のセカンドスマホとしてほしくなりましたね。

『OPPO RenoA』どんな人に向いているのか?

どんな人に向いているのか?ですが、以下のような人に向いているスマホです。

SIMフリーのおサイフケータイを安く調達したい人

おサイフケータイ搭載となると、Pixel3やiPhoneなどハイエンドマシンに限られていました。

SIMフリーの格安端末でおサイフケータイを搭載しているのはOPPOくらいでしょう。

そのなかでも最新モデルでスペック的にも長く使えるものになっています。

最新トレンドを抑えているミドルレンジのスマホがほしい人

SoCこそミドルレンジですが、ほかはほぼハイエンドと行っていいでしょう。

繰り返しになりますが、価格的にはミドルレンジでありながらも

  • メモリは6GB
  • ストレージは64GB(マイクロSDカードで256GBに拡張可能)
  • 液晶は有機EL
  • 画面指紋認証搭載
  • インカメラが2500万画素

とハイエンドに搭載されるような機能を搭載しているのは素晴らしいです。

スマホに求めるのがセルフィー機能の人

本当に「AIビューティ機能」は秀逸です。

セルフィー重視なヒトはこの機能を目的に買ってもいいです。

内カメで2500万画素、しかもポートレートしながら「AIビューティ」はこの機種だけでしょう。

ぜひゲットしてほしいなと思います。

左がAIビューティ。
どっちも美人でしたが。

「ひかりテレビショッピング」なら実質「16,380円」!!!

『OPPO RenoA』の恐ろしいところは、なんといっても

「価格のやすさ」

です。

ただでさえ定価が「39,380円」と格安なのに、「ひかりTVショッピング」のキャンペーンを使うと

実質16,380円で購入可能

になります。

OCNモバイルONEに入らない場合でも、以下のクーポンを使えば「3000円引き」となります。(2019/11/31まで)

機能から考えればまさに「破格」といえる『OPPO RenoA』

興味のある方はぜひ「ひかりTVショッピング」でポチってみてください!

クーポンコード

クーポンコード利用・購入で
ぷららPt(3,000円相当)進呈

RENOPPO

 



Google Chrome OSランキング
  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、 当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Androidスマホ, スマホ, スマホネタ

Copyright© タケマコブログ , 2019 All Rights Reserved.