Chromebook 活用メモ

[Chromebook]Chromebookは子供に与える初めてのパソコンとして最適。ファミリーリンクのペアレンタルコントロール機能は親としても安心かつ気軽。

投稿日:

Chromebookの隠れた?魅力について。Chromebookは子供に与える初めてのパソコンとしてもおすすめです。親御さんがお子さんにパソコンを与えるときにどうしても気になるのが「有害サイトへのアクセス管理をどうするか?」「勝手にアプリをいれて悪さをしないか」「パソコンを共用すると何かと心配」といったところではないでしょうか。私も昨日知ったのですが、これらの課題もChromebookだと「ファミリーリンク」という機能を利用することで解決できます。

ファミリーリンクは無料で使えるペアレンタルコントロールアプリ

「ファミリーリンク」とは何か?ですがGoogleが無料で提供しているペアレンタルコントロールアプリです。

仕組みは至ってシンプルで、ファミリーリンクに子供用GoogleアカウントとスマホまたはChromebookを登録すると、アプリ上から以下のような管理をAndroidスマホやChromebookに対して行うことができます。

  • お子様による Google Play からのダウンロードや購入を承認する。ユーザー成熟度別レーティングに基づいて、Google Play ストアに表示されるコンテンツを制限する。
  • セーフサーチなど、Google 検索の設定を管理する。
  • お子様が Android 端末で使用するアプリの権限(マイク、カメラ、位置情報、連絡先へのアクセスなど)を確認する。
  • YouTube Kids アプリでコンテンツ フィルタ設定を変更し、検索のオンとオフを切り替える。
  • お子様の Google アカウントのパスワードを再設定する。
  • お子様の Android 端末に対して、利用時間の上限を設定する。
  • お子様がログインしている使用中の Android 搭載端末の位置情報を確認する。
  • お子様の Google アカウントのアクティビティ設定を管理する。
  • 2 人目のファミリー メンバーがファミリー グループの管理者とほぼ同じ機能を使ってお子様のアカウントを管理することを許可する。

ほぼ、Googleが企業向けには21,000円で提供しているChromeManagementConsole(CMC)で行っているようなモバイルデバイスマネジメントを行えるようになっています。学校向けにはCMCを無償で提供していますが、その家庭版といったところですね。もともとAndroidスマホ向けのサービスですが、近頃Chromebookでも利用できるようになったとのことです。

 

手順 至ってシンプル 5分で完了

1.ファミリーリンクアプリをインストール

Google ファミリー リンク

Google ファミリー リンク

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

2,ファミリーリンクアプリ上で子供用Googleアカウントを作成

子供用のアカウントをアプリ上で作成します。

〜〜〜@gmail.comな感じでアカウントとパスワードを決めればOKです。

3,Chromebookで手順2で作成したアカウントでログイン

次に、子供に使わせたいChromebookで子供用に作成したアカウントでログイン。これはいつものChromebookログインと一緒です。

Androidスマホだと他のアカウントでログイン済みの端末だとNGですが、Chromebookの場合、他のアカウントが登録されていても問題ありません。ユーザーを追加でOK.

ログインしたと同時にアプリ上でもChromebookが登録され、アプリ上でデバイス管理を行えます。

実際が以下の画面。ちなみにアプリはChromebook上でも動きます。我が家の場合C302CAを息子用パソコンにしました。

 

ばしょ

4,アプリ上でフィルター設定を設定

あとはフィルタリング設定をアプリ上のメニューから行えばOK。

GoolgePlayで12歳以上のアプリをインストールさせないとか、ChromeブラウザではGoogle提供のWEBフィルター設定を利用するとか場所情報など色々管理できます。

まとめ 導入と管理がとにかく手軽、親と子供に優しいペアレンタルコントロールシステム

ペアレンタルコントロールは親御さんがお子さんにパソコンを与える際にどうしようか考えるところですが、Chromebookへの適用はとかく導入が手軽で素晴らしいなと感じました。WIndowsとMacも使いやすくなってきて入るのですが、

・あらかじめ子供用アカウントを用意する

・子供用に使わせるパソコンでペアレンタルコントロール設定を有効

・管理側パソコンでペアレンタルコントロール設定を行う

と2台分設定が必要がありますが、

これがChromebookだと、

・ファミリーリンクアプリをAndroidスマホかiPhoneかChromebookにインストール

・ファミリーリンクアプリ上で子供用Googleアカウントを用意する

これで手続き完了ですから。さらにはウイルス対策ソフトをもう1アカウントいれたりOfficeを使わせたいとなったら更にお金がかかります。

この点もChromebookならウイルスソ対策が標準でついています。導入も楽だし、導入後の管理も手間とお金の面で親の負担が少なくすむシステムになっています。

Chromebookでできないことといったらゲームと映像編集くらいです。子供に与えるパソコンとしては機能としては十分ではないでしょうか。

私はChromebookは子供に初めて使わせるパソコンとして最適と感じましたし、子供もタブレットの延長で慣れ親しんでくれています。

もし、あなたが私と同じように「子供にパソコンを与えたいけどいろいろ運用が不安」と感じていましたら、子供用パソコンにChromebookを選択肢の一つにしてみてみることをおすすめします(^o^)

おすすめの機種はこちら
ちなみにお子さん用におすすめなのは以下。ASUSのC213NAです。MILスペックという机から落としても大丈夫な超頑丈モデル。加えてキーボードが防水なのでお子さん使用にぴったりです。

大容量・低価格モバイル回線

Fujiwifi 月25GB 2,500円

Chromebookとレッツノート用のモバイル回線として利用中のサービスです。

私は月25GBプランを利用中。回線速度が日中通じて「10M」以上でているのがお気に入りのポイントです。

(ソフトバンクの本家回線を利用しているので1両日中安定している)

モバイルパソコンを外で利用する人におすすめなサービスです。

  • この記事を書いた人

たけいまこと

かつて1997年3月よりインターネットを使用し始め、当時存在していたPCエンジンサイトを巡回。 ほどなく触発され1997年12月に、当サイト「PCエンジン道場」を開設。 その後2000年までくらいは細々と更新をしたが、 就職・結婚、ファイルの消失などがあり、8年間放置(爆)。 2011年、ホームページビルダー購入を契機にサイト作成をやり直し。。 2015年にWordpressにてブログをまじめにやり始めようとしている。

-Chromebook, 活用メモ

Copyright© ChromeBookとレッツノートで快適モバイル生活 , 2019 All Rights Reserved.